2020年秋M3「物語音楽系」おすすめサークル

んにちは、Eternal OperettaのYUです。

今年もM3の時期がやってきましたね。

コロナの影響でどうなるかと思ったのですが、今回は無事開催されるということで、良かったです。

また今回は、Webイベントも同時開催ということで、東京に来れない方は、手軽にCDを手に取れるのではないでしょうか。

M3ってなんぞや?って言う方のために少しだけ説明しておきますと、M3とは、同人音楽即売会のことで、ようは、コミケの音楽版みたいなイベントです。

コミケではオリジナルのマンガやキャラクターのグッズなどが各ブースで販売されますが、M3では同じように、CDが販売されます。

M3のHPはこちら

さて、同人音楽をやっていて、僕は「物語音楽」というジャンルをやっているのですが、これと同じジャンルをやっているサークルさんが熱いので、今回、物語音楽系のサークルさんを5つ、紹介させていただきます。

M3で、どのサークルを回ろうか迷っている方は、みんなお勧めなので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、順に紹介させていただきます。

 

Queen of Wandさん

まず紹介するのは、Queen of Wandさんの、アルバム「明滅王女」より、夢幻カイロス迷宮譚 (AVG「カイロスの夢貸し屋」EDテーマソング)です。

Queen of Wandさんは、「ダークメルヘン」「クラシカル」というキーワードが目立つのですが、この曲はまさにそのテーマが織り込まれた曲ですね。

まずボーカルの睦鬼さんの声が魔女のような感じがして、曲にマッチしすぎてます。

本当に魔女の城に来てしまったかのような感覚になります。

曲も、オーケストラ系の楽器が多用されているのですが、本当にクラシカルな感じですよね。

僕もQueen of WandさんのCDはいくつか持っているのですが、このサークルさんの特徴は、同じアルバムでも曲によって曲調が全然違うということです。

作編曲者の小狐丸さんに聞いたのですが、どうやら飽き性なのもあって、同じ曲調で曲を創るより、いろんな曲を創りたいんだそうです。

なので、一つのアルバムでも本当にいろんな曲が楽しめて、でも小狐丸さんの色がすべてに出ています。

Queen of Wandさん

スペース番号:B-17

CD名:明滅王女

頒布価格:¥1000

HP:http://www.q-o-w.jp/

Twitter:https://twitter.com/qow_official

 

Mystic Noteさん

続いては、Mystic Noteさんの、アルバム「Atelier」より、クロスフェードです。

こちらの音楽も幻想音楽系のアルバムで、ゆったりした曲調と、元気が出たり、楽しくなるようなiyuさんの声が特徴です。

個人的にお気に入りはこのアルバムに収録されている「未熟者の行進」です。

この絵とアルバムのタイトルの通り、画家のお話だと思うのですが、それを想像させる曲が何曲か入っています。

ちなみにこちらは、iyuさんの個人作品だそうで、今は翡翠蓮というユニットでも活動されているそうです。

ちなみにその新譜が、こちらですね。

「ゆらゆら」のクロスフェードです。

すごく元気が出る曲になっていますね!

Mystic Noteさん

スペース番号:B-04

CD名:Aterlier、ゆらゆら

頒布価格:Atelier→¥1000、ゆらゆら→¥500

HP:https://yuikom03.wixsite.com/iyu-mystic

Twitter:https://twitter.com/yuiko_iyu

 

 

劇場セラフさん

続いてのサークルさんは、アマギセーラさんのサークル、劇場セラフさんです。

こちら紹介させていただくのは、「designare VERUM – oremus」の、「OREMUS」です。

まず聴いた瞬間に、異国の土地へ来てしまいました。

こちらのCDは、TAPSONIC TOPというリズムゲームに、「VERUM – oremus」が収録され、その記念に復刻再販されるそうです。

アマギセーラさんの曲は何曲も聴いているのですが、アマギセーラさんの声と、姉妹物語ゆうきさんの曲で、こんなに異国の土地を表現されていることにびっくりです。

再販したこのチャンスに、気になる方はぜひ手に取ってみてくださいね。

劇場セラフさん

スペース番号:ク-06

CD名:designare VERUM – oremus

頒布価格:¥1000

HP:https://verum-oremus.tumblr.com/

Twitter:https://twitter.com/Sera_Amagi

 

el ma Riuさん

次のサークルは、el ma Riuさんです。

今回紹介させていただく作品は、「エリクシアの魔女は問う」のクロスフェードです。

ちなみにこちらのサークルは個人名も、el ma Riuさんだそうです。

このアルバムのキーワードはダークメルヘンなのですが、本当に良い曲ですね。

最初っからオケの壮大な感じがして、静かになるところと盛り上がるところがはっきりしていて、感情を動かされるとはまさにこのことです。

不老不死と魔女が物語のテーマのようで、それも気になるところですね。

ちなみに、こちらはDL限定だそうで、しかも11 / 23までの期間限定の頒布だそうです。

気になる方は、必ずこの期間内に手に取ってくださいね。

el ma Riuさん

スペース番号:ク-15(会場)&黒072(Web)

作品名:エリクシアの魔女は問う

頒布価格:¥800

HP:http://el-ma-riu.com/

Twitter:https://twitter.com/el_ma_riu

 

Lazwardさん

さて、最後を飾るのは、らずりさんのサークル、Lazwardさんです。

こちらは、「Story Box -流転の光-」のクロスフェードです。

今回も新譜を出されるようで、なんといってもらずりさんの曲は、優しさがあります。

物語音楽系でも、ここまで優しい雰囲気を出されているのは、なかなかないです。

そして、なんといってもメロディーがいいですし、まさにファンタジーの世界です。

また、このイラストは全てご本人が書かれているようで、これだけのイラストを短期間で描き上げてしまうのですから、何から何まですごいです。

ちなみに個人的に、この絵は大好きです。

Lazwardさん

スペース番号:L-24(会場)、紫-40(Web)

作品名:「Story Box -流転の光-」

頒布価格:¥1500

HP:http://elazuri.sakura.ne.jp/info/stb6/

Twitter:https://twitter.com/elazuri

 

さいごに

さて、ここまで5つのサークルさんの作品を紹介させていただきましたが、僕は全部買いに行く予定です!

物語音楽系が好きな方なら、気に入る作品も多かったと思います。

また、今回のイベントでしか入手できない作品もありますので、ぜひお買い忘れないように!

もちろん、M3では他にも物語音楽系の作品で良いのがたくさんありますので、そちらも見てみてくださいね。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaでした。

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。