毎日が苦しくて疲れ果てたあなたに伝える3つのやさしい言葉

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

今回のお話は、

「毎日が苦しくて疲れ果てたあなたに伝える3つの優しい言葉」

です。

 

僕自身、ここ5年ほど、毎日が苦しすぎて絶望の日々を送っていた経験がありました。

周りの人はみんな上手くいっているのに、自分だけ上手くいかなく、毎日大声で奇声を上げていましたし、できない自分が惨めで仕方なかったです。

今も相変わらず毎日苦しい日々を送っていますが、決定的に違うことがあります。

それは、僕の考え方が変わり、困難に立ち向かえるようになったことです。

 

これを読んでいるあなたもきっと、毎日嫌なこと・上手くいかないことが続いて、苦しんでいるんだと思います。

だからこそ、少しでも元気が出たり、また頑張れるよう、3つほど、大事な言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

毎日が苦しいあなたに伝える3つの言葉

ここで、あなたに伝えたい言葉が3つあります。

それは、

 

・焦らず、少しずつ変わっていけばいい

・誰も認めてくれないなら、自分で自分を認めてあげよう

・希望がないなら希望を創り出してしまおう

 

順に見ていきますね。

 

1.焦らず、少しずつ変わっていけばいい

まず一つ目は、焦らず、少しずつ変わっていけばいいということですね。

僕自身も経験があるのですが、毎日を生きるのが苦しくなってしまう原因って、「○○ができない自分」「周りと比べて劣っている自分」「何をしても辛いことから逃れられない自分」があるはずです。

人によってそれぞれ起こることが違いますが、辛いことが連続してしまって、もう何をしても逃れられないし、未来はどん底が続いてしまうような気もしてしまうものです。

 

そして、ダメだと思う自分や、不幸だと感じる自分に嫌気がさしてしまうかもしれませんね。

 

でも、ここで2つ覚えておいてほしいことがあります。

それは、

「魔法みたいにいきなり現状を変えることはできない」

「一歩一歩変えていけばいい。そうすれば、必ず未来が見えてくる」

ということです。

 

まず、魔法みたいに一瞬で現実を変えることはできません。

なぜなら、今までの過去があなたの目の前で起こっていることを作り出しているからですね。

 

もちろん、例えば宝くじに当たる可能性が少しだけありますし、いきなり嫌な上司が死ぬこともありますし、何もしていないのに結婚相手がいきなり現れる可能性もあります。

たしかに、このような偶然が起こることはあり得ます。

 

でも、いきなり仕事ができるようになったり、コミュニケーション能力がついたり、勉強ができるようになるなど、あなた自身の中身が一瞬で変わることはありませんよね。

これはたしかに仕方のないことですが、だからといって、落ち込むことはありませんよ。

なぜなら、「今できないからといって、1年後もできない」とは言っていないからです。

 

さりげなくお伝えしましたが、このことはとても重要で、追い詰められているときほど、「今できない」ということが、「一生できるようにならない」と考えてしまいがちです。

でも、世の中を見てみると、当たり前ですが、誰にだって「できない時」があったはずですよね。

 

野球のイチロー選手だって最初はバッティングがプロ並みにできたわけないですし、アーティストの安室奈美恵さんだって、最初からプロ並みの歌唱力がなかったはずです。

みんな、死ぬほど練習したから上手くなったんですよね。

 

だからあなたも、「今できない」だけで、「1年後もできない」とは限らないんです。

だから、今はできなくても、あきらめずに、一歩一歩進んでいけば大丈夫なんですよ。

途中立ち止まってしまっても、泣いても大丈夫なんです。

僕もアーティストとして輝くために、一歩一歩、ピアノを練習したり、作曲をしていますので、一緒に頑張って行きましょうね。

 

2.誰も認めてくれないなら、自分で自分を認めてあげよう

続いてお伝えしたいことは、「誰も認めてくれないなら、自分で自分を認めてあげよう」ということですね。

 

社会に出ている人なら気づいている人も多いと思いますが、人はそう簡単に他人を認めようとしません。

なぜなら、他人に対しては否定的なところばかりを見て、良いところを見ようとしない人が多いからですね。

これは、僕がいろんな人と接して分かったことです。

 

例えばあなたが何かを頑張って、仮に90%の成果を出したとして、周りの人はその姿を素直にすごいと認めないばかりか、「10%もこんな失敗をしているよ」などと、否定的な目で見るんですよね。

だから、「頑張ってるんだけどなかなか認められないなぁ、嫌だなあ」などと思うことがあるかもしれません。

これは学校ですら当てはまりますし、社会に出ていればもっとそうですよね。

 

でも僕から一つお伝えしたいのは、結果がすべてではないということです。

確かに、世の中結果は大事だと思います。

例えば大学受験だって、試験の結果が合格点に達していなければ受からないですし、会社だって売り上げが上がらなければ最悪倒産してしまいます。

 

しかし、結果が思うようにならなくても、頑張ることにも意味があるはずです。

なぜなら、目の前の仕事や勉強を頑張ることによって、「成長」という大きな財産が手に入るからですね。

 

この「成長」というのがとても大事で、次は似たような仕事や勉強が上手くいくかもしれませんし、確実にあなたはレベルアップしているはずなんですよ。

 

だから、あなたが頑張っていることを認めてくれる人がいないかもしれませんが、あなたは絶対に成長しています。

そんな成長している自分を、あなた自身が、認めてあげてくださいね。

そうすれば、苦しい毎日を乗り越えていけるはずですよ。

 

3.希望がないなら、希望を創り出してしまおう

最後にお伝えしたいことは、「希望がないなら、希望を創り出してしまおう」ということです。

僕自身、苦しい時期・苦しい出来ことをたくさん経験して、生きていくのに一番大事なものが何か、ようやく分かりました。

 

お金?健康?恋人?どれも大事なものですが、違います。

一番大事なものは、希望なんです。

 

極端な話、大地震などで被災してしまったり、お金を全部泥棒に盗られてしまったり、恋人に振られてしまっても、希望さえあれば、何度でも立ち直れると思います。

 

「自身で家が壊れたなら、またお金を貯めて家を建てよう」

「お金がすっからかんになったが、また稼いでいこう」

「恋人に振られたなら、また新しい人を見つけよう」

などと、希望を持っていれば、どんなに毎日が苦しくても、生きていけるはずです。

 

しかし希望が無い状態だったら、毎日を生きることが大変になってしまいますし、虚しくなってしまいます。

だからこそ、もし今のあなたに希望が無いとしたら、希望を創り出して欲しいんです。

 

それこそ極端な話、古代ギリシャや古代ローマは、奴隷制度が歴史上最も展開されたと言われていますが、その時代の奴隷は、たしかに希望を持つことは難しかったかもしれません。

彼らは休みなく建設要員になり、性の奴隷になり、やっとの思いで少しの食料を与えられ、使えなくなったら(死んだら)捨てられる。

 

でも今の時代は、美味しい食べ物も豊富にありますし、インフラは整っていますし、基本的には屋根のあるところで寝れますよね。

古代ギリシャ・ローマの奴隷に比べたら、なんとか希望を持てそうじゃないですかね。

 

もちろん、今の自分には希望なんかないって人もいると思います。

そういう人はぜひ、今一度希望を見つけ出して欲しいと思います。

 

ここで、毎日が苦しくて、希望が持てない人にほど聞きたいことがあります。

「今の苦しみを抜け出したら、何をしたいでしょうか。」

 

おそらく、

・海外旅行に行きたい

・会社で元気に働き、今日の一杯を飲みたい

・結婚して、子供を授かりたい

・友達と遊びに行きたい

・自分の趣味を思う存分楽しみたい

 

など、楽しいことをしたいと思うはずです。

ここで気付いてほしいのですが、もう希望は見えていませんか。

 

今の苦しみを抜け出したら、こういった楽しいことをする。このことが、希望になるはずです。

もちろん、今は毎日が苦しくて大変だと思いますが、希望を持って、今を生き抜いてほしいと思います。

そうすれば、見える明日もあるはずですよ。

 

まとめ

毎日が苦しいあなたに、3つのことをお伝えしてきましたが、きっとあなたは抜け出せますよ。

 

少しずつ変わって、自分で自分を認めてあげて、希望を持つこと。

それが、あなたの未来を変えることになります。

 

大丈夫です。あなたのことは天使が見守ってくれていますよ。

それでは、また。

 

<関連記事>

人生があまりにもうまくいかない中、前を向こうと決めた経験談

人生が不平等だと感じるあなたが前を向くための力強い言葉

人生という地獄をさまよっているあなたに送る3つの優しい言葉

またネガティブになるのをなくすために!あなたを救う最高の考え方

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。