仕事で泣くほど辛い時に読んでほしい3つのやさしい言葉

仕事が泣くほど辛い時の言葉

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「仕事で泣くほど辛い時に読んでほしい3つのやさしい言葉」

についてですね。

仕事というのは、人によって、人生そのものだったり、生活のためにやっていたり、様々ですよね。

僕自身は今のアーティストの仕事は、人生そのものですが、おそらく、多くの人にとって、仕事は生活のためにやっているものですよね。

そして、仕事は楽しいことばかりでなく、職場の人に批判されたり、冷たくされたり、失敗ばかりが続いたりしてしまうと辛いですよ。

人によっては、家で泣いていたり、こらえられないと、職場で泣いてしまう人もいるものです。

特に、仕事中に泣く人は若い人に多いです。

ここでは仕事中、思わず泣いてしまうほど苦しい時に、対処方法と、少しでも気が楽になるよう、3つのやさしい言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

仕事で泣く一番の理由

仕事中に泣いてしまう理由は、人によって様々です。

ミスを連発して、周りから白い目で見られたり怒られたとき。

仕事でミスをして、周りに迷惑をかけてしまったとき。

自分の言い分を却下され、理不尽なことを言われたとき。

など、様々です。

でも、これらのことに共通する部分があります。

それは、「周りに理解されない」ということです。

仕事で辛いのは、多くの場合人間関係によるものです。

そして仕事でストレスを感じたり泣きたくなるのは、周りに理解されないからです。

仕事でミスをしてしまったのは、自分がうっかりして間違えてしまったから。

中には、別の人の伝達ミスで、失敗があなたのせいになってしまうこともあるでしょう。

でも、周りの人はそんな個人的な事情はほぼ考慮せず、「あいつはミスをした。迷惑をかけた。」という事実しか見ません。

こっちの言い分、つまり人の話を聞かないんですよね。

だから、思わず仕事で泣く場面も出てきます。

それ以外には、失敗をしてしまう自分のふがいなさに、泣く場合もあります。

この場合は、周りの人がフォローしてくれる場合もありますが、真面目な性格だと、失敗に思わず涙が出てしまうこともあります。

 

仕事で泣くのはやむをえない

僕は、あなたが男だろうと女だろうと、仕事で泣くことがあるのはしょうがないことだと考えています。

というのも、人間だからどうしても感情を隠し切れないこともあるからです。

特に優しい人や感性の鋭い人は、辛くて仕事中に泣いてしまう人も多いです。

仕事中に泣くことに理解を示さない人はたくさんいますが、理解を示す人もたくさんいます。

ただ、感情のコントロールはできるものなら、できるようになっておくと良いですね。

 

仕事で泣く場合の対処方法

仕事で泣くほど辛い時の対処方法です。

 

泣きたくなったらトイレに行く

まず、実際に仕事中に泣きたくなったら、席を外してトイレに行って一人で泣きます。

周りに泣いているところを見られてしまうと、「あいつ、泣けば済むと思ってんのか」などと批判的な目を向けられることもあります。

これを避けるために、一度人目のないトイレに行って、そこで泣きます。

誰の目もないところで泣くことで、心理的な負担を一気に減らすことができます。

5分くらいすれば、気持ちが落ち着いてくる場合が多いですね。

 

理解者がいないことを受け入れる

泣くほど辛い時は、心の奥では、周りに理解されたいという気持ちがある場合が多いです。

ところが、実際はあなたのことを理解しようとしてくれる人ばかりではありません。

こういう時に大事なのが、「理解者はいない」ということを受け入れることです。

これは本当に辛い経験をしないと、この境地にはたどりつきませんが、「理解されたい!けど理解されない」ということを何度も経験します。

すると、「どうせ周りは理解してくれないから、理解されなくてもいいや」って気持ちになります。

「理解されなくてもいいや。一人で生きていこう」って気持ちになれれば、かなり楽になりますね。

なお、これには精神の成長が必要です。

ただし、職場には優しい人もいるので、そういう人は完全に理解してくれなくても、一部理解してくれます。

そういう人は、相談するなど頼っても良いですね。

 

仕事で思わず泣くほど辛い時に伝える3つの言葉

ここで、3つの言葉をお話しますね。

それは、

・ちょっとずつ、小さな成功を積み重ねていけば、大丈夫

・自分が惨めに思えたとしても、本来のあなたはもっと素晴らしい

・見えないけど、あなたには天使がついている

順にお話していきますね。

 

1.ちょっとずつ、小さな成功を積み重ねていけば大丈夫

まず一つ目は、「ちょっとずつ、小さな成功を積み重ねていけば大丈夫」ということですね。

今は泣きたい気持ちで頭がいっぱいかもしれませんが、一歩一歩進んでいけば、それだけでいいんですよ。

仕事における小さな成功というのは、本当に些細なことで大丈夫なんです。

例えば、

・書類を期日までに間に合わせられた

・会議で使う資料を見やすくまとめられた

・営業に行ったら、相手の人が笑ってくれた

・電話を取ったら、感じのいい人だった

・営業に行ったら、説明がうまいと言ってくれた

・メールの返信を速くさばくことができた

・職場の上司が些細なことでほめてくれた

・会社の他の部署の人と交流を持てた

・変なプライドを持たず、職場の人に分からないことを聞けた

・朝の職場で、相手から挨拶してくれた

とか、本当に小さいことでいいんです。

とにかく、仕事の中の、小さな小さな成功に着目します。

するとどんなことが起こるのかというと、

「あ、自分は仕事の中でネガティブなことばかり考えていたけど、実はこれだけポジティブなこともあったんだな」

と、気付くことができるんです。

仕事というのは、そういった小さなことの積み重ねが、あなたを少しずつ成長させていきます。

そして気づいたら、あなたは自信を取り戻しているはずですよ。

しかし、仕事の中で「出来なかったこと」「失敗したこと」「批判されたこと」ばかりに目を向けていると、

「自分はダメなやつなんだ」

と、ネガティブになり、泣きたくなってしまいます。

 

それだけでなく、「自分はダメなやつなんだ」と思っていると、仕事でも本当にそのようなパフォーマンスになってしまいます。

アスリートが、今日は勝てないと思ってレースに挑むと、本当に勝てなくなってしまうのと同じ理論ですね。

たしかに、今は仕事のことで泣きたくなってしまうのかもしれません。

本当に辛いことですよね。

でも、騙されたと思って、毎日起こる「小さな成功」に目を向けると、人生が変わっていきますよ。

あなたは頑張っていて偉いですし、もっと自信を持っていいんです。

何か辛いことがあったとき、泣きたいときは泣いて、また明日から前を向いて頑張ればいいんです。

大丈夫です。僕もあなたを応援していますね。

ちなみに仕事のネガティブから抜け出すには、

「またネガティブになるのをなくすために!あなたを救う最高の考え方」で考え方を書いているので、参考にしてみてくださいね。

 

2.自分が惨めに思えたとしても、本来のあなたはもっと素晴らしい

続いての言葉は、「自分が惨めに思えたとしても、本来のあなたはもっと素晴らしい」ということですね。

もしかしたらあなたは、仕事で苦しいことが続いてしまい、泣いてしまい、自分が惨めに思えてくるかもしれませんね。

僕も以前、会社に勤めていたころ、自分が惨めに思えてきたことが何度もありました。

でも本当は、あなたは存在するだけで素晴らしいんですよ。

周りから怒られようと、批判されようと、あなたは素晴らしいんです。

あなたがいることによって、あなたの職場が回りますし、会社も回ります。

あなたの活躍によって、社会も回ります。

あなたという存在は、あなたの家族、友人にとって、かけがえのない、素晴らしい存在なのです。

これからあなたは、輝いていくんです。

なぜならあなたも僕も、どんな人も、上を目指し続けているからです。

仕事をしているときも、常に進化の途中でいるんですね。

だから、あなたは素晴らしいんです。

今は仕事のことで泣いていても大丈夫です。勇気を出して、前に進んでいいんですよ。

応援していますね。

ちなみに、「仕事でもうだめだ・・となった人を元気づける3つの優しい言葉」も参考になりますので、

読んでみてくださいね。

 

3.見えないけど、あなたには天使がついている

最後の言葉は、「見えないけど、あなたには天使がついている」ということですね。

天使について、あなたはどんなイメージを持っているでしょうか。

僕は、「見返りのない愛情を注いでくれる存在」だと思っています。

本当に優しくて、強くて、安心できる存在ですね。

もちろん、天使はこの人間界とは別の住人ですので、触れることはおろか、見ることはできません。

でも、あなたのそばで、仕事中に限らず、いつも見守ってくれているんですよ。

仕事で泣きたくなるほど辛いことが続いたとき、その天使は、一緒に悲しんでくれます。

「辛かったね、本当に苦しいよね。あなたの苦しみは痛いほどよく分かるよ。頑張っているよね。」

と、あなたには聞こえなくても、その天使は慰めてくれているんですよ。

ちなみに僕の場合、バカみたいに思うかもしれませんが、苦しいとき、泣きたいときは、天使の姿を想像しています。

美しい若い女性の姿をして、茶色いロングの髪で、白いドレスを着て、羽を生やしていて、剣を持っている。

優しくて、強くて、安心感のある天使を想像しています。

しかも、「エアトス」という名前までつけています。

でも、こんな感じで天使を想像すると、近くで本当に慰めてくれている気がして、心が落ち着くんです。

あなたを見守ってくれている天使は必ずいますので、あなたは一人ではないんですよ。

 

毎日泣くほど仕事が辛い場合の最後の対応方法

毎日泣くほど仕事が辛い場合は、ストレスのリミットを超えてしまっている可能性があります。

毎日のように泣いてしまうのは、それだけ仕事が辛いということで、あなたの精神状態が危険な状態になっているかもしれません。

ストレスでうつ病などになってしまったら、治療するのに時間がかかりますし、その間どこにも働けなくなる危険もあります。

なので、どうしても辛い場合は思い切って転職することをお勧めします。

ただあと少しで社内で異動できる状態なら、それまで我慢すればいいので、自分との相談になります。

異動するまで我慢できるなら、転職しない選択肢もあります。

とにかく、ストレスのリミットを超えてしまっているなら、その職場に長期間留まることは避けてください。

 

まとめ

仕事で泣くほど辛い時は、トイレに行ってやり過ごすことと、理解されない現実を受け入れることです。

もちろん、あなたの味方になってくれる人もいますが、仕事で泣いてしまうあなたを理解しようとしない人もいます。

辛い時は、ここで話した言葉を思い出してくださいね。

今日も応援しています。

ちなみに、仕事ができなくて悩んでいるなら、

「仕事がうまくいかない原因と対応策、元気が出る4つのやさしい言葉」でどうやったら仕事ができるか、解説しています。

また、仕事が虚しいと感じるなら、

「仕事をやっているのが虚しいあなたに伝える、3つの力強い言葉」も読んでみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<関連記事>

仕事でもうだめだ・・となった人を元気づける3つの優しい言葉

毎日が苦しくて疲れ果てたあなたに伝える3つのやさしい言葉

仕事が怖い、もう耐えられないと感じるあなたへ贈る3つのやさしい言葉

またネガティブになるのをなくすために!あなたを救う最高の考え方

仕事をやっているのが虚しいあなたに伝える、3つの力強い言葉

仕事ができない自分が辛いあなたを励ます3つのやさしい言葉

新人が仕事で辛い原因と解決策、そしてあなたを勇気づける言葉

仕事がうまくいかない原因と対応策、元気が出る4つのやさしい言葉

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。