仕事でもうだめだ・・となった人を元気づける3つの優しい言葉

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

今回のお話は、

「仕事でもうだめだ・・・となった人を元気づける3つの優しい言葉」

についてです。

 

知っての通り、仕事をすると、いくつもの試練が降りかかってくるものです。

・同僚が優秀で置いて行かれる

・締め切りがすぐそこまで迫っている

・上司に心無いことを言われた

・会社の飲み会に参加したくない

・後輩のほうが仕事ができる

・お客さんに心無いことを言われた

 

このような試練にボコボコ殴られ続けてしまうと、最初は耐えられても、だんだんと「もうだめだ、仕事に行けない」などとなってしまいます。

もう一度頑張るためには、少し休んだり、元気を取り戻すことが大事です。

 

ここでは、少しでもあなたが元気を取り戻せるよう、僕から3つの優しい言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきますよ。

 

「仕事に行けない、もうだめだ」となったときのための3つの言葉

ここで、3つの優しい言葉をお話していきますね。

それは、

・上司からのダメだしは、実は”上司自身”のダメなところ

・同僚や先輩、後輩と比較して劣っていても、恥ではない

・ダメな部分があっても大丈夫。まるごと自分を愛してあげよう

 

順に見ていきますね。

 

1.上司からのダメだしは、実は上司自身のダメなところ

まず一つ目、「上司からのダメだしは、実は上司自身のダメなところ」ということです。

これを聞くと、え?って思うかもしれませんね。

でも、まずは読んで欲しいんです。

 

例えば上司から、「仕事が遅い」「気が利かない」「いつも雑だよ」「言われたことしかやらない」などと吐き捨てられたとします。

このような言葉をかけられると、たいていの場合、落ち込んでしまったり、むっとしてしまいますよね。

 

でも、このように指摘された欠点って、実は上司自身のダメなところなんです。

なのでこの場合、上司は仕事が遅く、気が利かず、いつも雑で、言われたことしかやらないんです。

 

なぜこんなことが言えるのか。

それは、人は他人を見るとき、自分が気にしていること、コンプレックスに思っていることが目に入るからです。

逆に、自分が気にしていないことは、あまり目に入らないんです。

 

だから上司は、自分の嫌な部分に目が行き、部下にも吐き捨てるようにそこを指摘してくるんですね。

もし、上司自身のダメなところがあなたの指摘されたところと一致しない場合、言い方はそんな言い方ではなくなるはずです。

あなたのダメなところが、上司の中のダメな部分と一致していない場合、上司にとってはあまり問題だとは映らなくなります。

 

するとどうなるか。

それは、ダメなところを指摘されるとき、イラッと来る指摘の仕方ではなくなります。

 

あなたも経験があると思うのですが、指摘されてイラッとする時もあれば、イラッとしない時もあるはずです。

人間的にランクの高い人であれば、自分の中に欠点は少ないですし、言い方も余裕を持った、柔らかい言い方になるものです。

ですが、変な上司のように、ランクの低い人であれば、自分の中に欠点が多く、その部分を攻撃するように、嫌な言い方になります。

 

だから、ここで覚えておいて欲しいことがあります。

それは、イライラするようなダメだしをしてくる上司は、ショボい人間だということです。

 

なので、上司に嫌なダメだしをされたとしても、あなたは全く落ち込むことはないですし、あなたは本当は素晴らしいんですよ。

変な上司がいたとしても、頑張っている。それだけですごいことなんですよ。

 

2.同僚や先輩、後輩と比較して劣っていても、恥ではない

続いて、「同僚や先輩、後輩と比較して劣っていても、恥ではない」ということが言えます。

あなたが仮に、「自分は仕事ができないなぁ、あの人のほうがよっぽど仕事ができるなあ」などと思っていたとしても、決して恥ではないんです。

 

これはなぜかといえば、人間は誰だって発展途上の段階にあるからです。

 

たしかにあなたが思うように、あなたは現在、同じ職場の○○さんより仕事ができない状態なのかもしれません。

ですが、それはあくまで今の状態ですよね。

未来、つまり1年後、2年後もその状態から成長しないとは誰も言っておらず、むしろ、これから伸びて仕事ができるようになっていく可能性は十分にあるわけです。

 

今は発展途上の段階にあって、これから進化していくのですから、決して恥ではないんですよ。

 

これはミュージシャンを考えれば分かるのですが、例えばX JAPANのYoshikiさんだって、最初からピアノやドラムが上手かったわけではないですよね。

最初はできなくて、でも長い年月をかけて練習して、上手くなったんです。

そして、それまでの過程は、あくまで発展途上の段階だったんです(本当は誰だって常に発展途上ですが)。

 

そしてこれをあなたの仕事に置き換えると、将来的に、今より仕事ができる可能性は、十分にあります。

なぜなら、今の状態は発展途上だからです。

 

これを言うと、「いや、自分は頭打ちになっているんだ、これ以上仕事ができるようになることはない」とかって思う人もいるかもしれません。

でも、そんな人には思い出して欲しいことがあります。

 

それは、自分の意思でいくらでも未来は変えられるということです。

 

自分は今は仕事ができなくても、これから絶対にできる側になるんだ、と決断できる人は、同僚を超えていくでしょう。

逆に、自分は無理だ、とあきらめている人は、どんどん後輩に抜かされていきます。

 

なぜなら、行動を決めるのは、その人の思考だからですね。

だから、絶対に仕事ができるようになるんだ、と決断すれば、仕事が上手くなるための行動をして、良くなっていくんですよ。

 

なので、絶対に成長するんだ、と覚悟を決めましょう。

そうすれば、あなたは職場のエースになり、同僚より仕事ができるようになれますよ。

あなたなら大丈夫です、今は大変でも、自信を持ってくださいね。

 

3.ダメな部分があっても大丈夫。まるごと自分を愛してあげよう

最後の言葉は、「ダメな部分があっても大丈夫。まるごと自分を愛してあげよう」ということですね。

始めにお伝えしておくと、あなたは今の時点で素晴らしいんです。

 

たしかに、長所もあれば短所もあるのが普通ですよね。

でも、あなたはいるだけで価値があるんです。誰かの役に立っているんです。

 

仕事では、部署内の人の役に立っていますし、あなたが仕事をすることによって、社会的にも多くの人の役に立ちます。

あなたがいるだけで家族はうれしいですし、あなたの友だちも嬉しがるんです。

 

ダメな部分があったとしても、あなたは素晴らしいんです。

「自分はここがダメな部分なのかぁ、でも、他に良い部分があるし、少しずつ改善していけばいいのかぁ」

くらいに思っていけばいいんですよ。

 

自分のダメなところも含めて愛してあげられると、明るくなれますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

それでは、また。

 

<関連記事>

仕事が怖い、もう耐えられないと感じるあなたへ贈る3つのやさしい言葉

仕事がうまくいかないと感じるあなたへ贈る4つのやさしい言葉

仕事に行けなくなったあなたに伝えたい、3つの優しい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。