↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

仕事を辞めてしまって人生が終わったとしても、そこから復活する方法

仕事を辞めてしまって人生が終わったとしても、そこから復活する方法

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「仕事を辞めてしまって人生が終わったとしても、そこから復活する方法」

についてです。

会社をクビになったり、病気で仕事を続けられなくなってしまった時、確実に焦りや絶望が芽生えますよね。

それこそ、人生終わったと感じることもあります。

でも冷静になって考えてほしいのですが、仕事を辞めたからといって、人生終わった人はいますでしょうか。

残念ながら自殺してしまう人も中にはいますが、普通は人生終わりません。

たしかに、仕事を辞めることになった時はとても大変ですが、多くの場合、しばらくしたら復活しています。

大事なことなのでもう一度言いますが、「仕事を辞めた、どうしよう」となった人の多くは、しばらくしたら普通に生きています。

ちなみに僕も、過去に仕事を辞めて人生が終わった身ですが、わりと普通に生きています。

ここでは、僕自身の経験談、そして仕事を辞めてしまって人生が終わったと考えたとき、次にどうするべきかお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

仕事を辞めて人生が終わった後の経験談

僕の場合は、大学院を中退したものの、大手企業に就職することができました。

もちろん、せっかく掴んだチャンスだったので、簡単には手放そうとしませんでした。

実際にその仕事内容は、たしかにそこまで面白くはないのですが、嫌というわけではありませんでした。

職場の人間関係も、そんなに気にするレベルではありませんでした。

仕事では特別嫌なことはなかったです。しかし、心の病気が再発してしまって、ある日玄関を出れなくなってしまいました。

嫌なことが思い当たらないのに、強い恐怖と不安に襲われてしまって、動けなくなってしまったんです。

それでもなんとか仕事に行っていましたが、結局病気で行けなくなってしまい、泣く泣く辞めざるを得なくなった経験があります。

その後はどうしているかというと、今はバイトをしながら、フリーランスの活動をしているところです。

たしかにフリーランスは最初は時給1円の世界なのですが、このブログのアクセスもどんどん増えていて、上手くいきそうです。

病気のせいで突発的に動けなくなることもありますが、働く時間を選べるこの働き方なら、やっていけるんですね。

というように、仕事を辞めてしまっても、人生が終わるということはありません。

むしろ、今は好きなことを仕事にできているので、とても楽しいですね。

 

仕事を辞めて人生が終わった後の4つの巻き返し方法

仕事を辞める理由は様々ですが、今の状態を巻き返す方法は、4つあります。

ちなみに、どの方法を使っても、十分巻き返せますよ。

それは、

① 再就職する(病気があるなら治してから)

② 病気と向き合いながら、できることをする

③ 頼れる環境にあるのなら、親や配偶者に頼る

④ フリーランスになる、会社を立ち上げる

順にお話していきますね。

 

1.再就職する(病気があるなら治してから)

まず一つ目は、再就職です。

冷静に考えると、この方法がありますね。

これを言うと、特に40代以上の人は、そんなことできるのか?って思うかもしれません。

でも大丈夫です。40歳以上でも、再就職は可能です。

なぜなら、転職する時の35歳の壁は無くなりつつあるからです。

40歳超の転職に失敗する人と成功する人の差(東洋経済)より)

20代30代なら、いくらでもチャンスがあります。

まず、同職種への就職は十分可能です。

なぜなら即戦力になれますし、人材不足がずっと続いているからですね。

さらに年収は下がりますが、未経験の仕事でさえ可能です。

20代前半と比べると、20代後半、30代前半になるにつれて難しくはなりますが、未経験の仕事に就くことも可能になります。

未経験の就職に関しては、【成功の法則】職種未経験の転職は30代前半まで!30代後半は異業種を狙う!(IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方より)が参考になります。

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか  

ただ問題は、そもそも仕事を辞める理由が、病気になってしまった時です。

病気を抱えた状態で次の仕事に就いて、勤められるのならいいですが、それができそうにない場合は、治療することを最優先します。

腰痛になって歩けなくなったとか、心の病気を患ってしまったとか、心臓病を患ったとかの場合は、先に治療してから考えます。

正直、病気で療養中の時は、これからのことよりも病気を治すことを考えます。

仕事を辞めることになって人生が終わった、なんてことはなく、冷静になるとまた仕事を見つければ復活できることに気づきます。

 

2.病気と向き合いながら、できることをする

病気を抱えてしまって、それと向き合わないといけない場合、普通に会社で働くことが難しい場合もあります。

例えば、心臓病で長く働けないとか、異常に疲れやすい体質になってしまって、長く働けない場合。

そういう時は、やれることをやればいいんです。

フルタイムで勤められればいいですが、それができないなら、正直しょうがないです。

だって働けない理由があるんですから。

こういう場合は、短時間勤務で大丈夫な仕事をします。

家から出られないなら、家でできる仕事を見つければいいんです。

それもできなければ、家の家事を手伝う。

自分の病気と向き合って、無理のない生き方をしていいんですね。

 

3.頼れる環境にあるなら、親や配偶者を頼る

もし親や配偶者に経済力がある場合は、頼ってしまうのも手です。

親や配偶者がそれでも良いと言うなら、甘えてもいいんです。

だって誰にも迷惑をかけていないからです。

賛否両論あるかもしれませんが、親が経済力のある家庭に生まれるなど、甘えられる状況を引き寄せたのは、その人の生まれ持った運です。

運も実力のうちっていうのは本当で、そういう状況だったら、無理に働くことはないと考えています。

増してや、病気を抱えていたら尚更ですよね。

 

4.フリーランスになる、会社を立ち上げる

もう一つの方法は、フリーランスになる(会社を立ち上げる)ことです。

実際に僕が今まで会ってきた人の中でも、会社を辞めざるを得なくなって1回は人生終わったものの、フリーランスになった人を複数知っていますね。

彼らはうつ病などで仕事を続けられなくなったのをきっかけに、独立しています。

普通に会社の中で生きている人は気づかないかもしれませんが、今の時代、どんどん脱サラしている人が増えています。

転売で脱サラした人、ブロガーになって脱サラした人、プログラミングで脱サラした人、英会話教室で脱サラした人など、本当に様々です。

こういったものは、基本的に起業資金がほとんどかかっていません。

これを言うと、フリーランスなんて無理だって感じるかもしれませんね。

でも、起業して失敗する理由は何か。

それは、売り上げを上げられない、つまりお客さんを集められないことです。

逆に言えば、お客さんを集められれば、やっていけるんですね。

今はインターネットでお客さんを集められる時代ですし、仕事を辞めるハメになってしまったのを機に、フリーランスを目指すのも一つの手ですね。

僕はこの選択肢を取りました。

 

まとめ

仕事を辞めるハメになったからといって、人生が終わったということはありません。

むしろ、再出発のタイミングでもあります。

病気を治して就職するのも良し、病気と向き合わなければいけないならできることを頑張るのも良し、フリーランスになるのも良しです。

あなたの前には選択肢がありますので、自分の納得のいく道を歩んでくださいね。

画面の向こうから、応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

<関連記事>

仕事に行けなくなった時の取るべき行動と、3つの優しい言葉

誰も助けてくれない。そんな残酷な世の中でも生きるための力強い言葉

生きているのが辛いあなたの傷をとっても癒す3つの天使からの言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。