↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

未来がない・・・生きててもしょうがないと思う時の3つのやさしい言葉

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「未来がない・・・生きててもしょうがないと思う時の3つのやさしい言葉」

についてです。

今の日本では、「この先、自分には未来がない」と考えてしまう人は、たくさんいます。

例えば、

・毎日同じことの繰り返しで、楽しいことがない

・職場には嫌いな人がいるし、いつも怒られて、これが永遠に続いてしまう

・周りの人はみんな上手くいっているのに、自分だけ上手くいかない

・なかなか恋人ができないし、この先結婚もできないだろう

・安月給でやっているけど、物価も上がって、どんどんカツカツになる

といった具合です。

これを読んでいるあなたも、おそらく辛い経験をしてしまっているんですよね。

形は違えど、僕も以前は未来がないと思っていましたので、本当に大変なことですよね。

ここでは、この先未来がないと感じているあなたが、少しでも元気を出せるよう、3つのやさしい言葉をお話していきますね。

これを読み終えた頃には、きっと心があったかくなっていますよ。

それでは、始めていきますね。

 

自分には未来がないと感じたときに読みたい3つの言葉

それでは、その3つの言葉をお話していきますね。

それは、

・今は、頑張りすぎたから休めというサインが来ている

・未来は、昨日までの延長だと思う必要は全くない

・あなたはこれから絶対、どんどん良い未来になっていく

順にお話していきますね。

 

1.今は、頑張りすぎたから休めというサインが来ている

まず一つ目は、「今は、頑張りすぎたから休めというサインが来ている」ということですね。

人は誰でも、嫌なことがあると心が疲れてしまいます。

ちょっとやそっとなら大丈夫なのですが、その嫌なことが慢性的に続き、苦しさ、虚しさを感じてしまうようになると、ネガティブなことを考えるようになってしまいます。

例えば、楽しい生活が続いているときは大丈夫ですが、苦しい生活が長く続いてしまうと、「いつまでこんなことが続くんだろうか」と不安になり、「自分には未来がない」と考えてしまいます。

そして、見るもの聞くものすべてがネガティブに見えてしまい、どうしようもなくなってしまうんです。

でもそんな時って、神様からの、「あなたは頑張りすぎなんですよ、少し休みなさい」というサインでもあるんですよ。

これを言うと、「いや、私はそんなに頑張っていない。この程度のことで頑張ったとは言えない。」

と思うかもしれませんね。

でも、神様からのサインは確かに来ているはずです。

あなたが「毎日が苦しい、自分には未来がない」と考えてしまうということは、もうすでに頑張りまくっているということなんですよ。

だから、ご自分を認めてあげてくださいね。あなたは、立派なんですよ。

そして、「未来がない」とまで考えてしまうところまで来たあなたは、休憩が必要なんです。

仕事が休みのとき、学校が休みのときは、丸一日、もしくは丸二日、場合によっては1週間とか使って、「すべてを忘れて思いっきり遊びほうける」ということをやって欲しいんです。

仕事のことや学校のことはもちろん、ちょっとでも悩みになっていることは全て忘れて、

・目覚ましをかけずに思いっきり寝る

・体を思いっきり伸ばせるお風呂にゆっくり入る

・甘いものや好きなものをちょっと奮発して食べる

・好きなビデオを見たり、自分の趣味を思いっきりやる

・旅行など、行きたいところに出かける

ということをやってほしいんですね。

ここで重要なことは、「すべてを忘れて」ということです。

日常の虚しいこと、嫌なことを全て忘れてこういったことをすると、「自分には幸せなことが残っていた」ということに気づくはずです。

そして気持ちがまるっきりリセットされて、また明日から頑張れるようになりますよ。

余裕がない時ほど「全てを忘れて思いっきり休む」ということから遠ざかりがちですが、この方法はとても有効なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

2.未来は、昨日までの延長だと思う必要は全くない

続いての言葉は、「未来は、昨日までの延長だと思う必要は全くない」ということですね。

辛いことがたくさん続いて、「未来がない」と感じてしまうと、ほぼ確実に考えてしまうことが、

「明日も1カ月後も1年後も昨日までの延長」ということです。

つまり、

「今恋人がいないから、この先ずっといない」

「今の上司が嫌だから、この先もずっとうざい上司と一緒」

「今友だちがほとんどいないから、この先もずっと友達がいない」

といった具合です。

でも、こんな未来、誰が決めましたでしょうか。

あなたに対して、神様や天使が現れて、こんなお告げをしたでしょうか。

そんなことはないですよね。

今が辛いから、この先もずっと続いてしまうのではないだろうか。人は、そんな気がしてしまうんですよ。

これは無意識にやってしまっていますが、言われれば気付くはずです。

今は自分には未来がないと感じてしまっていたとしても、それは思い込んでしまっているだけです。

実際、ホームレスになってしまった人で普通の生活をできるようになった人もたくさんいます。

ずっと恋人がいなかった人が、いきなり運命の人に出会って結婚した人もたくさんいます。

なので、「未来は今の延長である」と思う必要はなく、未来は作っていくことができるんですよ。

勇気を出していいんですよ、応援していますね。

 

3.あなたはこれから絶対、どんどん良い未来になっていく

最後の言葉は、「あなたはこれから絶対、どんどん良い未来になっていく」ということです。

今はたしかに、辛いかもしれません。

毎日苦しいことばかりが起きて、楽しいこともほとんどない。

奴隷のようになって、自由すらないかもしれません。

でも、「絶望しかない未来」を信じる必要はありません。

人生は誰しも運気に波があって、良い時もあれば悪い時もあるんですよ。

今は、その低迷した運気が来ているだけ。これから絶対、良くなっていきます。

たしかに、その低迷した運気がどれくらい続くのかは分かりません。

でもそれを抜けたときは、こんなに幸せを感じていいのかってくらい、すごい運気が来ますよ。

1年は春夏秋冬あって、自然界の生物にとってどうしても冬の時期は辛いですよね。

でも、必ず春が来て、また活発になれるのと一緒です。

なので、これからどんどん良くなっていく未来を信じて、一歩一歩歩いていきましょうね。

実は、辛いのは僕も一緒なんです。なぜなら、全てを失ってしまったからです。

でも、僕も一歩一歩進んでいますよ。

今日も応援していますね。

 

<関連記事>

人生があまりにもうまくいかない中、前を向こうと決めた経験談

仕事をやっているのが虚しいあなたに伝える、3つの力強い言葉

自分が惨めすぎると感じるあなたに伝える3つのやさしい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。