夢が叶わなかった場合、それでも生きていくための未来を向く言葉

夢が叶わなかった場合、それでも生きていくための未来を向く言葉

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「夢が叶わなかった場合、それでも生きていくための未来を向く言葉」

についてです。

これを読んでいるあなたも、何か夢を追い続けて、結局夢が叶わなかったかもしれないですね。

僕も実は、本当に頑張ったのに結局夢が叶わなかったことが3回もありました。

まず1回目は、大学院

憧れの国立大学の大学院に入ったんです。この国立大学に入るのは、高校時代からの夢でした。

この大学の大学院で良い経験をして、卒業してやるぞ、と意気込んでいましたね。

ところがここで人生最大の挫折を経験し、劣等感を抱えました。

それが原因で心の病気にもなってしまい、そんな状況でもなんとかしようと苦しい中頑張っていましたが、結局最後は卒業できずに中退してしまいました。

(詳しくは、「もう思い出したくない!大学院での人生最大のつらい経験談」でお話しています)

2回目は、ブロガー。

このブログとは別のブログなのですが、ブログを書いて収入を得て生活することに魅力を感じて、1年以上かけて、150記事を書きあげました。

しかもその時は、54万円の高いコンサル料を払って、指導を受けながらやっていたんですね。

ところが結果は、ほとんどアクセスが集まらず、トータルで稼げたのも数千円。

しまいにはそのコンサルタントから、「SEOは専門外ですね」などと言われる始末です。

(SEOとは、ブログ運営で超重要な知識です)

莫大な時間と労力をかけたのに、夢が叶わなかったです。そして、無駄に終わりました。

3回目は、為替です。

僕はつい最近まで為替の勉強をしていました。

(為替とは投資の一つで、勉強してスキルがある人は大金を稼ぐことができるものです)

こちらも高い勉強代を払って、1年半かけて学びました。

そして勉強の成果もあり、練習ではしっかり稼げることが分かりました。

ところが本番になった瞬間、尋常じゃない負け方をして、狙っても損できないくらいの損失を出してしまいました。

練習をやり直すと、上手くいく。ところがまた本番になった瞬間、あり得ない損失の出し方をしてしまう。

練習→本番→大損ということを7回も繰り返して、まるで運命の力によって成功をロックされているようでした。

こんな形で、夢が叶わなかったです。

自分の力不足で夢が叶わなかったこともありましたが、運命や巡り合わせが原因で夢が叶わなかったこともありました。

なので、夢が叶わない、しかも自分の中では他のものを犠牲にしてまで頑張ったのに夢が叶わなかった、という人の気持ちはよく分かります。

ここでは、夢が叶う人もいれば叶わない人もいる原因と、それでも前を向いて生きていくための言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

夢が叶う人もいれば叶わなかった人もいる原因

夢が叶う人、夢が叶わなかった人もいますが、これは何によって決まっているか。

僕は2つの要因があると考えています。

それは努力と運命です。

特に、特に運命の要因が強いと考えています。

努力に関しては、夢に向かう時間を作って、労力をつぎ込めばクリアできます。

頑張り次第で、努力の要因はクリアできるんですね。

ところが、運命はどうにもなりません。

この運命には、タイミングだったり、出会う人だったり、環境、才能、チャンスの巡り合わせなどが含まれています。

始めるタイミングが良ければ、夢が叶う確率は高くなります。

例えばネット業界では、今でこそYoutuberのヒカキンさんが有名です。

彼の実力もすごいですが、ラッキーだったのは始めたタイミングで、まだ誰もYoutubeの可能性に気づいてない時点で始めたのはかなり大きかったと言われています。

出会う人は、例えばフィギュアスケートでは良いコーチに出会えるかが大きな要因の一つです。

環境だって、例えばピアニストを目指すなら、家がお金持ちの子のほうがはるかに有利ですよね。

もちろん才能があれば、有利に働くに決まっています。

チャンスだって、例えば結婚できるのは、たまたま理想の人が目の前に現れるってチャンスが来たってこともあります。

もちろん、努力も大事ですよ。

夢が叶わなかった原因は、努力不足のこともあります。

でもそれだけでなく、夢が叶わなかったのは「努力と運命」両方の要因が絡んでいるんですよね。

 

夢が叶わなかったとしても、前を向いて生きていく言葉

では、頑張ったのに夢が叶わなかった時のための言葉。

それは、

・夢が叶わなかった経験は、あなたに人生の正しい方向を教えてくれる

ということです。

 

夢が叶わなかった経験は、あなたに人生の正しい方向を教えてくれる

まず、確かに夢が叶わなかった経験はとても辛いものです。

僕も実際にこれは経験したので、この辛さは痛いほど分かります。

でもそんな苦しい出来事の中にも、メッセージが隠されているんですね。

それは、「あなたの人生の道筋はこっちですよ」ということです。

特に、どんなに努力しても夢が叶わなかった時は、そのメッセージ性は強いです。

さらに、自分の実力とは関係ない、周りの人や環境だったり、運命の要因によって夢が叶わなかった時は、

「あなたの人生のシナリオはこっちではない」ってメッセージなんですよね。

僕もいくつも夢を掲げていて、もちろん努力したつもりだったのですが、自分の希望とは逆の結果になりました。

例えば大学にいるときは、普通に大学院に行って、企業に入って技術者になって、一生それで働くもんだと思っていました。

しかし、どんなに努力しても、何もかもがダメダメで、今はその道とは全然違う道を歩んでいます。

人間はみんな、魂の修行のために地球に来ていると言われています。

そして生まれてくる前に、その人に合った修行ができるよう、シナリオを決めてくるんです。

そしてそのシナリオの通りになるよう、良いことも悪いことも起こります。

ただし、そのシナリオを直接知る方法はありません。

だから、「夢が叶う」とか「夢が叶わない」とかってことが起こります。

そして夢に向かって頑張る中で、自分に向いていること、向いていないことが分かるはずです。

さらに、自分の使命に気づくこともあります。

例えば僕だったら、とても苦しい出来事を何度も経験し、全てを失い、地獄をさまよっています。

でもだからこそ、辛い思いをしている人の気持ちが分かるので、そういう人を元気づけることが、僕の使命だと感じています。

夢が叶わなかったことは、たしかに本当に辛いことです。

でもそれによって、これからの方向性に気づけることは、多々あるんですよね。

そして実際に、ずっと目指していた夢は叶わなかったけど、それをきっかけに他にやりたいことが見つかって、

そちらの目標を頑張ったら輝くことができた人もたくさん知っています。

なので、今度はその失敗経験を生かし、あなたの本当の未来を歩いて行ってくださいね。

それが正しい人生のシナリオなら、今度は絶対夢が叶うはずですよ。

応援していますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

<関連記事>

努力したのに無駄に終わった時、もう一度立ち上がるための3つの言葉

何をやってもうまくいかない辛い時期を乗り切るための4つの方法

人生があまりにもうまくいかない中、前を向こうと決めた経験談

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。