顧問が嫌すぎて部活を辞めたい場合にはこれをやれば大丈夫だ

顧問が嫌で部活を辞めたいときの方法

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回のテーマは、

「顧問が嫌すぎて部活を辞めたい場合にはこれをやれば大丈夫だ」

についてです。

いつの時代にも、部活の顧問はひどい人がけっこういます。

そして、普通の人の常識では考えられないような人がいます。

病院に行くから部活に行けないって言うと、「部活に来ないような奴はクズだ」とかって言う奴がいたり。

部活の練習でミスをすると、「お前みたいに下手くそな奴はうちの部にはいらない」とか。

それ以外にも、偉そうな顧問とか、暴言を吐いたり、暴力をふるう人もいます。

そういう嫌な人が顧問だった場合、部活を辞めたいって思うのは当たり前のことです。

ここでは、それでも部活を続けたい場合の対応策と、もう部活を辞めたい場合はどうすればいいか、お話しています。

なお、部活内で顧問以外の人間関係が嫌なら、

「みんなの悩み!部活の人間関係が辛い場合の唯一の対処方法」も見てみてください。

 

顧問が嫌でも部活を続けたい場合の対応策

顧問が嫌でも部活を続けたい場合は、いくつか対策があります。

それは、

・部員同士で結束する

・スクールカウンセラーに相談する

・親にクレームを入れてもらう

この3つが有効な手段です。

場合によって使えたり使えなかったりするのですが、順に見ていきますね。

 

部員同士で結束する

まず一つ目は、部員同士で結束するということです。

顧問が嫌な場合、部活を続けるということは3年間我慢しなければなりません。

そこで、仲間同士で手を組んで戦うということが有効になってきます。

具体的には、顧問のウザかったこと、嫌なところを共有します。

こんなことを言われた、こんなことをされた、ということを共有するのはもちろん、

対抗する手段なども相談しあいましょう。

例えば、あの顧問が嫌なこと言ってきたときは、「みんなあの顧問が悪いって分かっているから大丈夫。」

とかって、打ち合わせをしておきましょう。

あなた一人では困難を乗り越えられなくても、部員みんなで結束していれば、乗り越えやすくなります。

顧問が嫌だと思っている時、多くの場合他の部員も嫌だと思っています。

そうとなれば、みんなで結束するのは非常に有効な手段ですね。

これが一番使いやすい手段でもあります。

 

スクールカウンセラーに相談する

顧問のことで悩んでいる場合は、スクールカウンセラーに相談するのも有効です。

これはあまり思いつく人がいないかもしれませんね。

スクールカウンセラーとは、ほとんどの学校にいますが、学生のための悩みの専門家です。

そして、学校のことについて、どんな悩みでも相談に乗ってくれます。

カウンセラーに相談するって言うと、恥ずかしいって感じるかもしれませんが、実際はそんなことは全くありません。

部活のことで悩みを持っているときは、カウンセラーに相談することで、気持ちが楽になったり、解決策が見えてきたりします。

相談した内容は完全に秘密にされますし、カウンセラーに相談したこと自体、秘密にされます。

部活の顧問のことで悩んでいるって言えば、あなたのことをすべて受け止めてくれるでしょう。

そして、カウンセラーに相談するのは予想以上に効果があります。

なんせ相手は大人なので、やっぱり大人しか出せないような答えも持っています。

カウンセラーを利用するのは学校によって違いますが、まずは保健室の先生に聞いてみると良いです。

 

親にクレームを入れてもらう

顧問がひどい場合は、親にクレームを入れてもらうのも有効です。

まず初めに知っておきたいのは、顧問は生徒の保護者には弱いということです。

何かトラブルがあって、保護者が出てくると、基本的に学校の先生は焦ります。

学校の先生ってそういうものなんですね。

なぜかというと、学校の先生は何か生徒との間にトラブルを起こした場合、仕事を辞めさせられるリスクがあるからです。

 

生徒に暴言を吐いているときは、相手が子供だと思ってやっていますが、親が出てきたとなると話は別です。

なので、あなたの親にクレームの電話を入れてもらうってことは、有効な手段の一つになります。

嫌なのは顧問でなくコーチだったのですが、実際に僕の妹は、高校の時に部活でひどい目にあって、そのことで親がクレームを入れたら、コーチを辞めさせることになりました。

まぁ必ず顧問が辞めるというわけではないのですが、少なくとも黙らせることくらいはできます。

顧問が暴言を吐いているとか、暴力をふるっているって時は、スマホのボイスレコーダーなどで音声を録音したり、動画を撮っておくとより良いですね。

ただ、この方法が使えるのには条件があって、あなたの親があなたの気持ちを受け入れてくれた場合です。

全ての親が、顧問にクレームを入れてくれるわけではありません。

親までが「根性がない」とか、「そんなこと言われたぐらいで」とかって言われたら、この方法は使えません。

なので、結局はあなたの親次第になってしまいます。

 

顧問が嫌でどうしても部活を辞めたい場合

顧問が嫌な場合の対処法を伝えてきましたが、どうしても部活を辞めたいという人もいるでしょう。

その場合は、部活を辞めることを強くお勧めします。

この時、他の部員や顧問から引き止められることもあるでしょう。

中には、顧問から「ここで辞めるなんて、お前はずっと逃げ続けることになるよ」などと言われるかもしれませんね。

でもこの時、部活をすんなり辞めるのに使える方法があります。

それは、「親が辞めろと言っている」って言うことです。

勉強の理由とか、家庭の事情とかがあるって言えば、さすがに誰も何も言ってこないです。

あとは、万が一顧問から親に電話された場合に備えて、あなたの親と話を合わせておきましょう。

また、部活を辞めても学校生活を充実したものにするには、

「学校がなぜ楽しくないのか?その理由と、学校を楽しくする最高の方法」も見てみてください。

 

まとめ

顧問が嫌で部活を辞めたいというのは、とても苦しいことです。

ただし、それを乗り越えるための手段はありますし、嫌なら辞めても大丈夫です。

あともう一つお伝えしたいのは、最終的には部活を辞める・辞めないを決めるのはあなた自身だということです。

この記事を参考にして、よく考えて結論を出してくださいね。

また、部活を辞めたいけど辞めたくない人は、

「部活を辞めたいけど辞めたくない。そんな時に部活を頑張る3つの方法」

「部活が本当にしんどいあなたを良い方向に導く3つの奇跡の言葉」も読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<併せて読みたい>

みんなの悩み!部活の人間関係が辛い場合の唯一の対処方法

先輩が嫌で部活を辞めたいけど、部活を上手く続けるための方法

高校の部活を変えるか迷っているなら転部しよう。体験談から解説

高校で部活に入らないのはアリです。その最高のメリットとは

部活を辞めたいけど辞めたくない。そんな時に部活を頑張る3つの方法

吹奏楽部時代、死ぬほど辛いと感じた経験談と実際に克服した方法

部活が本当にしんどいあなたを良い方向に導く3つの奇跡の言葉

学校がなぜ楽しくないのか?その理由と、学校を楽しくする最高の方法

部活がなかなか上手くいかないあなたを元気づける3つの力強い言葉

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。