吹奏楽部時代、死ぬほど辛いと感じた経験談と実際に克服した方法

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

さて今回のテーマは、

「吹奏楽部時代、死ぬほど辛いと感じた経験談と実際に克服した方法」

についてです。

みなさんの中には、実際に今、中学や高校などで吹奏楽部に入っていて辛い、辛くてしょうがないと感じている人もいるかもしれませんね。

吹奏楽部は正直、どこもけっこう辛いと感じてしまう要素はあるはずです。

ここでは、僕の過去の経験談から、あなたに何か少しでも勇気を与えたいのと、克服方法が役に立つかもしれないと思って、お話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

ブログ主の高校時代の部活

まず、僕が実際に部活が辛いと思ったのは、高校時代のときです。

その時は、吹奏楽部に所属していました。

吹奏楽部っていってもどんな楽器を担当するかによって、部活生活はけっこう変わってきます。

 

入部するときにトランペット、フルート、チューバなどいろんな楽器を選べる仕組みになっていて、入部するときに担当したい楽器を第一~第四希望まで希望用紙に書くことになっていました。

しかし入部当時、僕はやりたい楽器が決まっていませんでしたね(というか、どの楽器が良いのか分かっていませんでした)。

そこで、担当楽器の希望用紙に第一~第四希望まで適当な楽器を書いて提出しました。

 

すると、他の新入部員と調整の結果、打楽器(パーカッション)を担当することになりました。

「そうなんだ、まあ打楽器っていろんな楽器ができるし、楽器も買わなくていいしこれでいいか」くらいに思っていましたね。

ですが、まさかこのことが今後大波乱を起こしてしまうとは、思いもよりませんでした。

 

吹奏楽部の活動内容

僕が所属していた、当時の吹奏楽部の活動内容は、

・平日は毎日、15時半から18時まで各パートで練習

・週に1回くらい、部活全体で合奏練習。この日は15時半から19時まで、外部の講師を呼んで練習

・土曜か日曜日のどちらかに、5時間練習

つまり、週に6日ですね。

 

夏休み、春休みに合宿なんてのもありました。

ただし合宿では、朝9時~夜10時半まで練習。。。遊ぶ時間はほとんどありません。

しかも夏休みも春休みも、ほとんど休みはありませんでしたね。

 

それ以外には、発表することが年に3回ありましたね。

新入生向けの発表、文化祭の発表、そして年に1度の最大イベントの定期演奏会。

 

発表の回数が少ない割には、練習がとてつもなくたくさんある。

そんな部活でしたよ。

たぶん、行ってた高校の文化部の中では一番大変な部活だったのではないかと思っています。

 

パーカッションパートの活動内容

僕が担当したパーカッションパートは、フルートやトランペットなど他の楽器パートとは決定的な違いがありました。

ちなみに吹く楽器か叩く楽器かの違いだけではありません。

一つの楽器を一人でやらなければいけないかどうかの違いです。

 

管楽器などは、例えば6人とか8人とかで同じような譜面を演奏しますよね。

ところがパーカッションは、例えば大太鼓(バスドラ)は一人で、シンバルも一人で、鉄琴(ビブラフォン)も一人でといった具合に、一つの楽器を一人で演奏することになります。

だから、ミスをすると確実に目立ってしまいますし、外部講師の合奏の時も、トランペットなど他のパートだったらみんなで怒られるところが、一人が怒られてしまうことになります。

 

吹奏楽部が辛いと感じた理由

ではどんなところで部活が辛いと感じたのか。

実は僕の場合、意外に思うかもしれませんが、部活の練習日数、練習時間の多さではありませんでした。

(もちろん、当時はもうちょっと遊びたいという気持ちはありました)

 

辛いと感じていた理由は、週に1回の合奏で、外部講師のS先生に公開処刑をされてしまうことです。

そしてその公開処刑は、大イベントの定期演奏会が終わって3年生が引退する、僕が1年生の9月から始まったのです。

 

実は僕が担当していた楽器のパーカッションは、3年生が引退して抜けると、1年生でもけっこう重要な役割が回ってきます。

人数が少なくなる分、パーカッションの中でも音譜が少なかったりそんなに目立たない楽器でよかったのですが、比較的目立つ楽器をやることになります。

 

そして当時、僕の演奏レベルは決して高いとは言い難いレベルでした。

そんな状態で合奏に参加するものだから、合奏中はズレズレでミスが目立ってしまい、いつも僕ばかりが怒られていました。

そしてみんなの前で一人でその部分を演奏させられ、「違うだろー」(バンバンバンバン)と公開処刑されていましたね。

 

これってかなりしんどいことなんです。

周りの人はそんなに怒られているわけではないのに、僕だけが惨めな思いをしていましたし、完全に部活が嫌になり、怖くなっていました。

でもそれでも、一つ上の学年の先輩が引退するまではまだマシだったんです。

特に吹奏楽部で辛くなったのは、その後です。

 

最高学年になってからのさらなる辛い状況

一つ上の先輩が引退したということは、僕の学年が最高学年になります。

ということは、リーダーとなって、パーカッションパートを引っ張っていかなければなりません。

さらに、合奏の中でも一番重要な楽器を担当しなければならない状況になります。

ですが当時、個人練習の方法が悪く、僕のレベルは相変わらず低いままでした。

そんな状況ですから、合奏でも相変わらず僕だけが公開処刑されてしまい、しかも重要なパートなので、余計に大変で惨めになっていました。

惨めなだけでなく、後輩の手前、上の学年である僕だけが怒られるというのは、恥ずかしいものでもありましたね。

そして3年生の定期演奏会が近づくにつれ、僕はどんどん憂鬱になってしまいます。

 

吹奏楽部での辛い状況の打開策

3年生のときの、定期演奏会までたった2ヵ月という状況なのに、相変わらず僕の公開処刑は続いていました。

このままでは演奏会はどうにもならず、どうしようかと悩んでいたとき、ここで強力な助っ人が登場します。

パーカッション専門の外部講師です。

そのパーカッションの先生に重点的に見てもらうと、僕の練習方法の明らかな欠陥を指摘して、新たな練習方法を教えてくれました。

それは、当たり前の練習方法でありながら当時の僕は気づかなかったやり方で、メトロノームを使って曲を通して練習する、という方法ですね。

というのも、僕の場合、曲とズレズレになってしまったり、曲の転換のところで遅くなってしまっていました。

だからこそ、この練習方法が良かったんですね。

そして、今までの遅れを取り返すために、僕は朝早くに学校に登校して一人で練習したり、昼休みも練習したり、とにかく、人よりも努力を重ねていました。

すると、わずか数週間という短い期間でとんでもなくレベルアップして、公開処刑を受けることはなくなっていました。

さらに、失っていた自信も取り戻し、吹奏楽部が辛いとはほとんど思わなくなっていました。

 

そして僕のレベルが上がって、パーカッションがまとまるようになると、分かったことがありました。

それは、意外と他のパートもまとまっていないということでした。

僕のレベルが上がったあとに全体の演奏を録音したやつを聴いてみると、パーカッションだけでなく、他のパートもけっこうやばかったのを覚えています。

「なんだ、やばかったのは僕だけではなかったんだ」と思っていました。

そして3年生の引退イベント、定期演奏会も無事に終了して、僕の辛い吹奏楽生活は幕を閉じました。

 

今の吹奏楽部が辛いと思っている人へ

これはあくまで僕の過去の経験談でしたが、いかがでしょうか。

僕の場合は外部講師の人に助けを求めましたが、外部講師など専門のコーチに、現在自分のどこがいけなくて、どうすれば改善するか、聞いてみると、今の悩みが軽減するはずです。

また、僕がレベルアップしてから、他のパートもやばいって気づいたので、辛い時、「隣の芝生は青く見える」って状態がどうしてもあるものです。

何か参考になれば幸いです、読んでいただきありがとうございました!

それでは、また。

<関連記事>

部活がなかなか上手くいかないあなたを元気づける3つの力強い言葉

部活が本当にしんどいあなたを良い方向に導く3つの奇跡の言葉

学校生活に疲れたあなたへ贈るやさしい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です