小さな灯に恋した少女
\今だけ期間限定プレゼント中/
LINE@友達追加で無料で楽曲を受け取る

テストで不安を感じるときに不安を緩和する対処法と実際の経験談

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「テストで不安を感じるときに不安を緩和する対処法と実際の経験談」

についてです。

まず初めにお伝えしておきたいのは、僕自身、学生時代はテストに超不安を感じるタイプでした。

中学や高校の定期試験では、

得意な数学や理科では、満足のいく点数取れなかったらどうしよう。

苦手な国語や社会では、覚えてきたことが出てこなかったらどうしよう。

って考えていた人間でした。

もちろん高校、大学受験の時も不安でしたし、大学の時も単位を取れるか、不安がありました。

テストに対して、何でもかんでも不安を感じていたんですね。

これを読んでいるあなたも、目の前にテストを控えていて、上手くいくかとても不安かもしれませんね。

ここでは、テストが不安な時の対処方法を、実際に僕がその不安と向き合った経験談を踏まえながら、お話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

テストに不安を感じるときの対処方法

テストの時期ごとに、不安があります。

・テスト前の不安

・テストを受けている時の不安

・テストが終わってから結果が出るまでの不安

このそれぞれに対して、順に解説していきますね。

 

1.テスト前の不安

まず多くの人が一番不安を感じてしまうのは、テスト前の不安です。

テストで悪い点数を取ったら、

・親に怒られてしまう

・周りの評価が下がってしまう

・自分の価値が下がってしまう

・追試になってしまう

・留年してしまう(留年の危機になる)

などの不安がありますし、テストで分からない問題ばかりが出るんじゃないか、という不安もあります。

僕の場合は、テストに関してはあまり言ってこない親でしたが、それ以外の不安は全部ありました。

試験前は、頑張ってできるだけの勉強をしているのですが、やっぱり前日の夜と、当日の朝は不安でいっぱいでした。

でも、そんな不安を軽減させる方法があったんです。

それは、テストを楽しもうという気持ちを持つことです。

たしかに、試験が上手くいくかどうか、心配になるものです。

点数が取れなかったらどうしよう、という気持ちはよく分かります。

でもそれと同時に、テストには、「何点取れるか」という楽しみもあるんです。

テストを減点方式で考えると不安になってしまいがちですが、加点方式で考えると、実は楽しさが隠されています。

ただ問題は、留年の危機が迫っているなど、そのテストが重い場合です。

僕も大学2年の時に経験しましたが、この場合の不安は非常に大変ですよね。

こんな時はどうしたかというと、友達に自分が不安を抱えていることを話しました。

そうすると、たいていの場合、前向きな言葉を返されます。

「まぁ今まで勉強してきたんだから、あとはやってみればいいんじゃない?」

「合格するものだと思ってりゃ力を発揮できるでしょ。」

「こことここを押さえておけば、わりと大丈夫なんじゃない?」

などといった言葉を返されます。

僕の場合は、試験の直前の休み時間にこのようなことを言われて、なんだかすごく楽になりました。

テストに対してすごく不安があったのに、頑張れるような気がしてきたんです。

なのであなたもテストの前、不安を抱えていることを友達に話してみると良いですよ。

すぐそばにいるなら面と向かって話します。

試験の前日などで、家で勉強している場合は、メールで友達に話してみます。

すると、不安がかなり取り除かれますよ。

この方法はかなり有効なので、ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに僕の場合、大学2年の時に留年の危機がありましたが、この方法で、不合格となった科目を1科目に抑えて、無事に進級しました。

 

2.テストを受けている時の不安

いざテストが始まると、そこでもまた不安を感じる場合があります。

小さな灯に恋した少女\今だけ期間限定プレゼント中/ LINE@友達追加で無料で楽曲を受け取る

問題はちゃんと解けるだろうか、という不安です。

この不安を抱えている時、実際に僕が安心するためにやっていた方法は、試験時間を2~3分使って、問題全てにざっと目を通すことですね。

ざっと目を通すと、これから先の問題が解けそうかどうかが分かります。

テストの問題が解けそうだと分かれば、不安が無くなるものです。

逆に、もし分からなさそうな問題ばかりだったら、あきらめて全力を尽くすことです。

ざっと目を通した結果分かりそうな問題を全て解いて、その後、すぐには解けなさそうな問題に手をつけます。

試験の終了時間はだんだん迫ってきても、クリアした問題が多くなればなるほど、不安は無くなっていきますね。

試験の内容にもよりますが、試験時間を2~3分だけつぎこんで、問題全てにざっと目を通して安心感を作るのは、僕も苦手科目でやっていたテクニックです。

特に理科や社会など、知識を問われる系のテストでは非常に有効ですね。

 

3.テストが終わってから結果が出るまでの不安

テストを終えても、やっぱり結果が出るまではすごく不安ですよね。

学校の定期試験なら、だいたい1週間くらいで結果が出ますが、英検や資格の試験は、結果が出るまでが長いです。

結果が出るまでずっと不安を抱えていなければならないと思うかもしれませんが、実はここでも不安を軽減させる方法が2つあります。

 

3.1.上手くいく場合と上手くいかない場合を想像して、その後の対応を考えておく

まず一つ目は、テストが上手くいった場合と、上手くいかなかった場合の両方の対応を考えておくことですね。

上手くいく場合は、その未来を想像してワクワクします。

ワクワクするだけで、不安は減っていくものなんです。

実際に僕の場合、大学院を受験した時、結果が出るまで1か月くらいありました。

その間、やっぱり合格できるか不安がありましたが、受かっていた場合の良い未来を想像していると、楽しかったですね。

もう一つは、テストが上手くいかない場合の未来。

上手くいかない最悪のケースを想定してその後の対応を考えておくと、不安が和らぎます。

「テストがダメだったら、追試までの期間、毎日これくらい勉強すれば大丈夫」

「資格試験に落ちたら、もう一回勉強して3か月後にまた受けよう」

といった具合です。

万が一結果がダメでも、その未来に対して準備ができているから、不安が減るんですよね。

僕の場合は、大学の定期試験の時も、「万が一不合格になったら、来年合格できるよう頑張ればいい」って考えていました。

「備えあれば憂いなし」という言葉が、心の準備に当てはまった形です。

 

3.2.結果が出るまでは、楽しいことをして過ごす

テストの結果が出るまで、楽しいことをして過ごすと、それまでテストのことを忘れることができます。

たしかに結果が気になって不安にはなりますが、気にしても結果が変わるものではありません。

だとすれば、ここは気にしないようにすることが、不安を取り除く有効な策になります。

毎日楽しいことをして、普通に過ごします。

そうすると、テストの結果が出る前日にはソワソワしますが、それまではあまり不安を感じずに過ごせますね。

 

テストで不安を感じる人へのメッセージ

最後にメッセージですが、テストでは、準備してきたことを出し切りましょう。

焦って、覚えたことがテスト中に飛んでしまう場合もあるかもしれませんが、その時はその時です。

全力でやって、悔いが残らないようにすれば、それがあなたのベストです。

あまり気負いせず、ゆったりとテストを受けてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

<関連記事>

勉強するのが非常にしんどい状態を解決する唯一の勉強法

学校生活に疲れたあなたへ贈る、生き返るような優しい言葉

大学の難しい勉強についていけなかった過去の経験談と実際の克服方法

マッチ売りの少女をモチーフにした楽曲無料プレゼント

↓ブログ主の創る、かわいい童話の音楽です↓

小さな灯に恋した少女
\今だけ期間限定プレゼント中/
LINE@友達追加で無料で楽曲を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です