部活を辞めたいけど辞めたくない。そんな時に部活を頑張る3つの方法

部活を辞めたいけど辞めたくない時の方法

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回のテーマは、

「部活を辞めたいけど辞めたくない。そんな時に部活を頑張る3つの方法」

についてです。

部活って不思議な力があります。

部活が苦しいから辞めたいはずなのに、辞めたくないって思ってしまうことがあります。

部活を辞めれば気持ちが楽になるし、遊ぶ時間もたくさんできます。

でも、なぜか部活を続けたくなってしまうんですよね。

この記事にたどり着いている人の多くは、苦しくても部活を辞めたくない人でしょう。

僕も実はその一人でした。

中学校は剣道部、高校は吹奏楽部で、両方とも嫌で辞めたかったのですが、結局引退まで続けていました。

でも、嫌でも部活を続けて良かったこともありました。

ここでは、部活を辞めたいけど辞めたくない時、なぜその心理になるのか、どうすれば部活を頑張れるかをお話ししています。

また、僕の実際の経験談から、最後まで部活を続けて良かったこともお話ししています。

 

部活を辞めたいけど辞めたくない原因

部活が嫌で辞めたいんだけど、辞めたくないって思うのは、いくつか心理があります。

 

部活には嫌いな人もいるけど、仲間もいるから

例えば先輩で嫌いな人がいたり、顧問が嫌いだったりすると、部活を辞めたくなります。

でも部活は、一つの閉鎖的な社会なので、この嫌な人の存在を無視しきることは難しいですよね。

それと同時に、部活に仲が良い友達がいて、一緒に頑張りたいって思うと、部活を辞めたいけど辞めたくないってなります。

 

練習はきついけど、やりたいから

運動部などは練習メニューがきつい場合が多く、肉体的にも精神的にもこたえる時があります。

特にランニングで何キロも走ると、本当に苦しいですよね。

また、練習を頑張っているのになかなか上手くならない。

そして周りの人にどんどん差をつけられて、自分が惨めになってしまうこともあります。

それでも、部活自体が好きだと、きつくても辞めたくないってなります。

 

部活を辞めると、同級生や先輩に会った時気まずいから

部活を辞めたいけど辞めたくない理由の一つに、その部活の人との関係がぎこちなくなると感じることがありますよね。

向こうは全然気にしないものですが、こちら側としては気になってしまうものです。

それが嫌で、部活を辞めたくない場合もあります。

 

部活を引退まで頑張って達成感を味わいたいから

まず一つは、部活を最後まで続けることで、達成感を味わいたいということです。

あなたが1年生や2年生なら、3年生が引退していくのを見るものです。

この時、顧問の先生が3年生に「3年間部活お疲れ様」みたいな言葉をかけて、1年生や2年生が最後の見送りをすると、やっぱり3年生の達成感ってすごいあるんですよね。

そして、下級生からちやほやされながら引退するのって、やっぱり見てるとうらやましくなりますよね。

 

毎日の生活にぽっかり穴が開いてしまうから

部活を辞めてしまうと、毎日の学校生活にぽっかり穴が開いてしまいます。

今までは部活を頑張ってきて、部活があるのが当たり前なのに、それを辞めると寂しい感じがします。

そう考えると、部活を辞めたくても辞められないものですよね。

 

ブログ主の部活を辞めたいけど辞めたくなかった経験談

僕の場合は、中学校の剣道部の時は、剣道が好きでなくなっていました。

練習は面倒だし、ゲームしたいし、剣道の試合での戦い方は分からなかったですし。

それでも3年間部活を続けたのは、まずは部活のメンバーと仲が良かったからです。

当時の先輩や後輩とも割と仲が良かったですし、同学年の人とも仲が良かったです。

また、やっぱり最後まで続けることに意味があると考えていました。

実際には最後まで続けても自己満でしかなかったのですが、それでも最後まで続ければ大きな達成感はありましたね。

また、高校の吹奏楽部は本当に大変でした。

演奏が上手くいかなくてみんなの前で公開処刑されるし、部員は見て見ぬふりでした。

しかも、練習は文化部にしては多く、週に6日でした。

(詳しくは「吹奏楽部時代、死ぬほど辛いと感じた経験談と実際に克服した方法」でお話ししています)

それでも続けたのは、音楽が好きだったことが一つ。

もう一つは、共学の高校の吹奏楽部なので、男子部員が少なく、男子の間でみんな仲が良かったことです。

あと、吹奏楽部って引退の時、大きな演奏会とともに引退なので、達成感がすごいのと、後輩たちからちやほやされるんですよね。

そういうのがあって、高校の吹奏楽部は辞めたいけど辞めたくないと思って頑張っていましたね。

 

辞めたいけど辞めたくない中、部活を頑張る方法

では、部活を辞めたいけど辞めたくない中、部活を頑張る方法は3つあります。

 

それは、

・部活内にいつも一緒にいる仲間を持つ

・嫌な人間の言葉は徹底的に気にしないようにする

・引退まで続けると覚悟を決める

順に見ていきますね。

 

部活内にいつも一緒にいる仲間を持つ

まず一つは、部活内にいつも一緒にいる仲間を持つことです。

あなたに味方がいれば、部活で出てくる困難にも立ち向かうことができます。

そして、何かあったときに悩みを共有できますし、嬉しいことも共有できます。

そういう仲間を部活内に作っておくと、頑張れますよ。

これに関して詳しくは、「部活が本当にしんどいあなたを良い方向に導く3つの奇跡の言葉」の中でもお話ししています。

 

嫌な人間の言葉は徹底的に気にしないようにする

先輩とかで、嫌な人っていますよね。

コミュニティーでは一人くらい嫌な人がいてもおかしくないです。

いちいちどうでもいいことで文句を言ってくる人がいたり、きつい言い方をしてくる人がいたり、

陰口を言う人がいたり。

そういう人は、徹底的に相手をしないようにしましょう。

相手にしたらあなたの負けで、相手にしなかったらあなたの勝ちだと思ってください。

それから、そういう嫌な人って僕の周りにもいましたが、例外なく他の人からも嫌われています。

そういう人の周りには誰かしらいるのですが、本心ではその人のことを信用していないです。

なので、意地が悪い人って、あなただけでなくみんなから嫌われているんですよね。

ちなみに僕の吹奏楽部時代、3年生で同じパーカッションパートだったもう一人の同学年の女の人は、

きつい言い方をする人だったので、後輩たちからかなり嫌われていました。

 

引退まで続ける覚悟を決める

最後もう一つ、辞めたいけど辞めたくない中、部活を頑張るには、最後まで頑張ると覚悟を決めることです。

僕の経験上、覚悟を決めるってことは本当に意味のあることです。

部活でどんなに辛いことがあっても、どんなに理不尽なことがあっても、なかなか成長できなくても、

最後まで部活をやり通すと覚悟を決めると、ちょっとやそっとの困難ではへこたれなくなります。

これは僕が人生の中で地獄をさまよってようやく気付いたことです。

僕はなかなか物事が上手くいかない中でも、頑張ると覚悟を決めたら、未来が見えた経験があります。

たしかに今は部活でしんどいことがあっても、辞めたくない気持ちがあるなら、頑張ると覚悟を決めてみてくださいね。

 

まとめ

部活を辞めたいけど本当は辞めたくない人向けに、そう思ってしまう原因と、対処方法を3つお話してきました。

今は大変な時ですが、部活を続ければ得られるものもあります。

そして、部活を辞めるのはいつでもできます。

後悔のないように、部活を頑張ってみてくださいね。

また、部活が上手くいかない、しんどいなら、元気が出てきますので、

「部活が本当にしんどいあなたを良い方向に導く3つの奇跡の言葉」

「部活がなかなか上手くいかないあなたを元気づける3つの力強い言葉」

も見てみてください。

さて、これを読んでいるあなたに、マッチ売りの少女などの童話をモチーフにした、かわいくてメルヘンチックな物語音楽を6曲プレゼントしています。

ブログ主が創った、童話の物語がそのまま歌詞になっていて、綺麗な声の女性ボーカルと幻想的なメロディーが特徴の音楽です。

その音楽とプレゼントの受け取り方は、こちらをご覧ください。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<併せて読みたい>

学校がなぜ楽しくないのか?その理由と、学校を楽しくする最高の方法

部活がなかなか上手くいかないあなたを元気づける3つの力強い言葉

学校が辛い時の最善の対応策と、勇気が出てくる3つの前向きな言葉

学校生活に疲れたあなたへ贈る、生き返るような優しい言葉

吹奏楽部時代、死ぬほど辛いと感じた経験談と実際に克服した方法

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。