↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

仕事がうまくいかないと感じるあなたへ贈る4つのやさしい言葉

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のお話は、

「仕事がうまくいかないと感じるあなたへ贈る優しい言葉」

です。

 

これを読んでいるあなたがどんな会社に勤めているかは分かりませんが、この記事にたどりついたということは、きっと、「仕事がうまくいかない」と感じているのですよね。

仕事が上手くいかず、特に他の人はバリバリ進めていたりすると、それはもちろん焦ってしまいますよね。

ここで、仕事がうまくいかない時、どんなことを考えればいいのか、お話していきますね。

 

では、始めていきます。

 

仕事がうまくいかない時に贈りたい4つの言葉

仕事がうまくいかないと感じるあなたへ、贈りたい言葉が4つほどあります。

それは、

・仕事がうまくいかないことがあるのは自然なこと

・周りの人に助けを求めることができるのは勇者

・結果に関わらず頑張ったら自分を褒めてあげる

・弱音を吐いても大丈夫

 

順に見ていきますね。

 

1.仕事がうまくいかないことがあるのは自然なこと

まず、仕事がうまくいかないことは自然なことなんです。

もちろん、中には最初っから仕事をうまくやる一部の人もいますが、多くの人は、最初はうまくいかないんですよ。

 

もしかしたらあなたは、周りの一部の「仕事ができる人」だけを見て、「自分は仕事がうまくいかないダメなやつ」と思っているかもしれませんね。

しかし現実は、「隣の芝生は青く見える」と言ったもので、意外と周りの人も完ぺきではなく、「仕事ができるように見えるだけ」だったりします。

だからまずあなたは、自分に自信を持っていいんですよ。

 

そしてもう一つ知ってほしいのは、

「今仕事ができないからといって半年後、1年後もできないとは言っていない」

ということです。

 

悩みを抱えてしまうと視野が狭くなってしまい、今の現実だけを見て「自分はダメだ」などと思ってしまいますが、もうちょっと視野を広げてみます。

すると、今仕事がうまくいかないだけで、1年後も仕事がうまくいかないとは限らないと思いませんか。

1年の間にいろんなことを経験するでしょうし、失敗と成功を繰り返して、確実に成長しているはずです。

 

だから、今が最低だからといって、未来を悲観することはないですし、自分はダメなやつだと思うこともないんですよ。

そして、どれくらいで仕事がうまくいくようになるかは、あくまで人それぞれで、人より成長が遅いからと言って、悪いということもないです。

 

もちろん、今「仕事がうまくいかない」と感じていて辛いでしょうが、このことを覚えておいてくださいね。

 

2.周りの人に助けを求めることができる人は勇者

続いて覚えておいてほしいのは、周りの人に助けを求められる人は勇者だということです。

仕事がなかなかうまくいかない人にありがちなのは、意外と人に助けを求められない、質問できないということです。

実をいうと、僕もそうでした。

 

なんか、

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか  

「こんなことを聞いて、バカなやつだと思われないだろうか」

「あの人は忙しそうだから、聞くのは悪いかなぁ」

などと考えてしまうんですよね。

 

でもそれが原因で、仕事がうまくいかないと感じてしまうのは、非常にもったいないことだと思うんです。

そして、勇気を出して質問したり助けを求めると、意外と簡単に問題が解決したりするのも確かです。

 

なので、仕事のことで他の人に聞くのは勇気がいることですが、それができれば自分が成長しますし、仕事がうまくいかない悩みもあっという間に解決したりするので、勇気を出してみましょう。

質問したり助けを求められたら、自分を褒めてあげてくださいね。

 

3.結果に関わらず頑張ったら自分を褒めてあげる

仕事がうまくいかなくて大変な思いをしているあなたは、本当に偉いと思います。

頑張って立ち向かっているということですもんね。

 

毎日仕事をしていると、100点満点の出来、60点の出来、20点の出来など、上手くいくこと、上手くいかないことなどあると思います。

ですが、どんな出来だったとしても、あなたは頑張って取り組んだわけですから、自分を褒めてあげてください。

 

もしかしたら、「いや、俺はこの程度で頑張ったなんて言えないよ」と思うかもしれませんが、あなたは仕事を頑張っていて素晴らしいですよ。

自分を褒めてあげることで、自分の内面のコンディションを上げることにもなりますし、それによって今後の仕事が上手くいくこともあり得ます。

 

そして、社会に出ると、なかなかあなたのことを褒めてくれる人はいないかもしれません。

だからこそ、自分で自分を認めてあげてくださいね。

 

4.弱音を吐いても大丈夫

仕事がなかなかうまくいかないと、弱音を吐きたくなってしまいますよね。

 

「なんでこんなにうまくいかないんだろう」

「もうだめだ」

「明日会社に行きたくない」

「この場から今すぐ逃げ出したい」

 

でも僕がお伝えしたいのは、弱音を吐きたくなったら、その感情を隠すことなく、自分の部屋で吐いてみてください。

何度も何度も吐いてください。

そして吐ききって疲れてぐったりしてベッドに横になると、なんだか冷静になっている自分に気が付くと思います。

 

これは何故かというと、「弱音を吐きたい」という自分の感情に忠実になったからなんですよね。

実は人間は、感情に忠実になると楽になったりします。

 

だから、もしも辛かったら、誰も見ていないところで思いっきり感情を吐き出してみてくださいね。

そうすれば、見えなかった明日も見えてくるはずですよ。

 

まとめ

仕事がなかなかうまくいかないと、辛いですよね。

特に、周りだけが上手くいっているように見えると、もっと辛いものです。

 

ですがそんな時こそ、自分を大事にして、自分を認めてあげてくださいね。

そして、仕事がうまくいかない状態はずっと続くわけではないので、いつかは暗いトンネルをぬけられるはずです。

 

今回も記事を見ていただきありがとうございました。

それでは、また。

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。