\メルマガ登録で受け取れます/
メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

バイトが不安・・そんな不安も実は独り相撲だと言い切れる4つの理由

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「バイトが不安・・そんな不安も実は独り相撲だと言い切れる4つの理由」

についてです。

高校生になったり、大学生になると多くの人はバイトを始めようと考えます。

しかし、バイトは言ってみれば社会に出るということです。

今まではずっと学校に行ったり、遊びに行ったり、習い事に通ったりとお金を払う側でした。

しかし、人生の中で初めてお金をもらう側になるのですから、それはやっぱり不安になってしまいますよね。

僕はもともとアガリ症だったため、最初バイトを始めたときはすごく不安に思っていました。

・面接は受かるだろうか

・文句を言ってくる客はいないだろうか

・バイト中に何か失敗をしないだろうか

・これから先、ちゃんと仕事ができるだろうか

・職場に嫌な人はいないだろうか

・仕事が分からなくて助けてほしい時に助けてくれるだろうか

などなど、僕にも様々な不安がありました。

でも、今はある程度バイトの経験があるので当時の自分を思い出してみると、これは本当に独り相撲でしたね。

たしかに、バイトをしていれば嫌なことも多少はありました。

でも、嫌なことと言ってもたかが知れていることですし、トラブルを作ったとしても社員や経験のある人がなんとかしてくれます。

ここでは、バイトが不安に思ってしまう原因と、これからのバイトが不安に思っていたとしても、不安に感じる必要が全くない理由をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

バイトが不安に思ってしまう2つの原因

そもそも、バイトが不安に思ってしまう原因は2つあるようです。

不安には大きく分けて2種類あると思います。ひとつは、不安や心配の原因が“ばくぜん”としている不安です。

対応方法がわからないため、過度に不安が募ってしまいます。

もうひとつは、「自分にできないのではないか」という“自信のなさからくる不安”です。

どちらの不安も、誰もが多少はかかえるもの。まずは、自分の不安がどちらのタイプなのか見極めてみてくださいね。

“ばくぜんとした不安”には、まずなにが不安なのかを具体化するのが解決の近道です。

未経験の職種がどんなものか情報を集めたり、キャリアコンサルタントなどに相談するのもひとつの解決策。

行政やハローワークの相談窓口を訪ねてみるのもいいですね。

また、“自信のなさからくる不安”は、プラス思考で対応を。今までやったことがなかった仕事が、実は自分にあっていて世界が広がったという先輩ママは大勢います。

不安や失敗などマイナスの面ばかりに目を向けていると、自信も薄れがち。自分の可能性というプラス面にも目をむけて不安を乗り越えてください。

プロが解決!はたらくママ初パート不安解消(an)より

ここに書かれている通り、ばくぜんとした不安と、自信のなさから来る不安が原因です。

細かく考えていくと、人間関係の不安などもありますが、その職種について情報収集することで、漠然とした不安はだいぶおさまりますね。

自信のなさから来る不安は、ポジティブ思考の他にも、僕の経験上、いざバイトを始めて数か月経つと、意外と大したことがなかったりしますね。

 

バイトが不安に感じる必要がない4つの理由

では、なぜバイトを不安に感じる必要がないのか。

それにはいくつか訳があって、

・バイト先の仲間は、新人はできなくて当然だと考えるし誰もお荷物に思わない

・仕事は、バイトを続けていれば嫌でも覚える

・バイト先にくるお客さんは普通の人ばかりで、嫌な人はそんなにいない

・職場に嫌な人がいても、まともに相手にせずにやっていける

順にお話していきますね。

 

1.バイト先の仲間は、新人はできなくて当然だと考えるし誰もお荷物に思わない

まず一つ目の理由は、バイト先の人は、新人は仕事ができなくて当然だと考えるし誰もお荷物に思わないということです。

バイトが不安に思っていると、「周りからどう思われているだろうか」とか考えてしまいます。

「あいつは使えないし手のかかるやつだ」

「何をモタモタしているんだ」

などと思われていないだろうかとか、考えてしまうかもしれませんね。

でも、はっきり分かっていることがあります。それは、

「職場の人は誰も最初から仕事ができると思っていないし、最初から仕事ができる人はいない」

ということです。

例えばですが、学校の授業で英語が始まったとたんにいきなり英語がしゃべれる人はいませんよね。

なぜなら、今まで英語にはほとんど接触してこなく、英語の経験が無いからです。

バイトでも同じです。

例えばレストランで働いたことがないのに、バイト初日とか1か月とかで、ベテラン並みに仕事ができる人はいないんです。

当然あなたのバイト先の店長とか先輩たちはそのことを分かっていて、

「入ったばかりの人は仕事がうまくできなくて当然だ」

と考えています。

\メルマガ登録で受け取れます/ メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

実際、バイトで最低限のことを一人でできるようになるまで、3か月はかかるものなんですよ。

さらに、あなたのバイト先で、あなたのことをお荷物に思う人はほとんどいないはずです。

なぜなら、この超人手不足の時代、バイト先からしてみれば、あなたが応募してきたということは実際、ありがたいことなんです。

もう従業員がいなさすぎて、常にバイトを募集してるのになかなか人が集まらないんです。

今までも足りない人数でシフト組んで回してきたのに、さらに少ない人数で頑張らなきゃいけない状態です。

なので、バイト先に採用されれば、その時点であなたとバイト先はwin-win。お互いにメリットのある関係なんですよ。

 

2.仕事は、バイトを続けていれば嫌でも覚える

続いて、「仕事は、バイトを続けていれば嫌でも覚える」ということですね。

バイトを始めたばかりのころは、先輩たちからあれこれと多くのことを叩き込まれます。

そうすると、ここのバイトはこんなにも覚えることがあるのか、この先も覚えることはたくさん言われるだろうし、やっていけるか不安だなぁと考えがちです。

でも多くの場合、それは独り相撲になるんです。

というのも、バイトというのは一部の特殊なものを除いてほとんどの場合、単調作業になります。

コンビニの場合はたしかにいろんなことをこなさないといけませんが、例えば

スーパーなら、レジや品出し、野菜など担当が分かれているのでその担当の業務だけを淡々とこなしていきます。

飲食店なら、ホールの仕事やキッチンの仕事、それも決められた仕事を淡々とこなしていきます。

ホテルや雑貨屋など、その他のバイトも「決められた仕事」を淡々とこなしていくだけなんですね。

そうなると、出勤のたびにほとんど同じ仕事をやるだけなので、バイトを続けていれば嫌でも慣れていくんです。

たしかに、バイトを始めた頃は多くのことを覚えなければいけません。

しかし、「バイト先で覚えること」というのは、ほとんど最初のほうに固まっています。

なので、バイトを始めて1か月くらいすると、新たに覚えることはだいぶ少なくなるんですよね。

なので、バイトで「やっていけるだろうか」と不安に思うのは、最初だけなんです。

あとはバイトを続けるうちに仕事を嫌でも覚えていきますので、大丈夫なんですよ。

 

3.バイト先にくるお客さんは普通の人ばかりで、嫌な人はそんなにいない

続いて、あなたのお店に来るお客さんは普通の人ばかりで、嫌な客はほとんどいないということもお伝えしておきますね。

お客に文句を言われたり、嫌味を言われたりしないだろうかと不安になるかもしれませんが、僕がバイトしていて感じたことは、嫌なことを言って来る客はあまりいないということですね(お客さん全体の割合から見て)。

ほとんどは普通にお店のサービスを受けてくれる人ですし、中には「ありがとうございました」など、お客さんなのにお礼の言葉を言ってくる人もいます。

なので、「お客さんに批判されたりしないだろうか」とか不安に考えなくて大丈夫なんですよ。

ちなみにこれは、バイトを始めたばかりで慣れていない頃も同じです。

仕事に慣れていない従業員は、お客さんからしてみれば、見れば分かります。

そうすると、「入ったばかりの人なんだろうな」と、そんなに責めるようなことは基本的にしません。

まぁ、中には嫌な客もいますが、そんな心の狭い人間は、まともに相手しなくて大丈夫です。

ちなみに高級レストランなど、客単価が高いバイト先ほど、お客さんの質が良くなります。

 

4.職場に嫌な人がいても、まともに相手にせずにやっていける

もう一つ、バイトで不安を感じなくていい理由として、

「職場に嫌な人がいたとしても、まともに相手せずにやっていける」ということが挙げられます。

バイトをすると、かなり高い確率で職場に嫌な人がいます。

しかも、そういう人に限ってシフトが週5日みっちり入っているんですよね。

よって、その嫌な人とバイトで顔を合わせなければいけないのですが、半年くらい経って、あなたが一通り仕事を覚えてしまえば、まともに相手をする必要がなくなります。

なぜなら、仕事を教えてもらう必要がなくなるからですね。

そうなってしまえばこっちのものです。

その嫌な人に従う理由がなくなるので、嫌なことを言われたりされても、まともに相手をする必要がなくなります。

(これについては、バイト先の先輩がうざい時のアッと驚く2種類の対処方法で詳しくお話しています)

なので、不安を感じなくて大丈夫なんですよ。

 

まとめ

バイトで不安を感じなくても大丈夫な理由を4つお話してきました。

でも、「そうは言ってもなぁ」と思うかもしれませんね。

ただ、ここでお話したことは事実ですし、正社員として働くわけではないので、あまり気負いせず、頑張ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また。

<関連記事>

バイト先の先輩がうざい時のアッと驚く2種類の対処方法

レジ打ちのバイトで失敗してしまうあなたへ贈るやさしい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント


\メルマガ登録で受け取れます/
メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です