レジ打ちのバイトで失敗してしまうあなたへ贈るやさしい言葉

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

今回のお話は、

「レジ打ちのバイトで失敗してしまうあなたへ贈るやさしい言葉」

についてです。

 

この記事にたどり着いたあなたはきっと、スーパーなどでレジのバイトをしていて、打ちミスをしたり、レジの操作を間違えて過不足を出してしまったりと、失敗をしてしまったのですよね。

失敗はとても辛いものですよね。僕も最初、スーパーのレジのバイトを始めたとき、失敗を繰り返してしまいましたので、その気持ちが分かります。

ちなみに今は、僕は別のスーパーでレジのバイトをしていますよ。

(いつ辞めるかは分かりませんが)

 

この記事では、レジのバイトをしているけど失敗してしまう人が、少しでも元気が出るよう、言葉を贈らせていただきますね。

これを読んで、また明日から頑張ろうって思ってもらえたら幸いです。

それでは、始めていきますね。

 

レジのバイトで失敗してしまう人に贈りたい言葉

レジ打ちのバイトで失敗してしまうのは、辛いですよね。

でもここで覚えておいてほしいのは、人間誰でも失敗することがあるということです。

だから、失敗してしまって自分は悪い奴だとか思っているかもしれませんが、あなたは決して悪くないんですよ。

 

もちろん、過不足を出さなかったり、打ちミスをしなかったり、お客さんに怒られたりしなければ、それに越したことはありません。

ですが、僕もレジで失敗の経験がありますし、今のお店でもよくミスをする人はけっこういます。

だから、気にするな、と言っても気にしてしまうと思いますが、本当はみんなミスしてるので大丈夫なんですよ。

 

ここで、レジのバイトで失敗したあなたに贈りたい言葉が2つあります。

それは、

・全ては丸くおさまる

・一人で抱え込まないようにしよう

ということです。

順に見ていきますね。

 

1.全ては丸くおさまる

一つ目に贈りたい言葉は、「すべては丸くおさまる」ということです。

レジのバイトで失敗していたとしても、なんとかなるんです。

 

レジのバイトの話から外れますが、世の中、悲惨に見える人はけっこうたくさんいると思います。

それこそ、

・事業が倒産して借金だらけになった

・配偶者がお金を持って別の男(女)とどこかへ行ってしまった

・父親が死んで家族がめちゃくちゃになった

・40代で会社をリストラされてしまった

など、とてつもなくショックなことが起こっている人はいますよね。

 

でも、そういう人ってその後どうなっているでしょうか。

実は、たいていの場合、何年か経って、盛り返しているんですよね。

これは人生誰でも波があって、大変な出来事の反動でその後なんとかなっているんですよね。

つまり、最終的には丸くおさまっているんです。

 

話を戻しますが、あなたもこんなこと経験ありませんかね。

「過不足5000円出しちゃったー」とかってなったとき、おそらく社員や管理職の人などから、その時は怒られると思うんです。

でも、次の日もそのことで怒られているでしょうか。

実際には、次の日には何事もなかったかのように仕事をしていますよね。

 

このように、失敗してしまったときは、その時さえ耐えれば、あとは大丈夫なんです。

その時は失敗して辛いでしょうが、失敗した日は帰ってゆっくりしましょう。

そして、また明日から頑張ればいいんですよ。

 

中には連続してレジで失敗してしまう人もいるかもしれませんね。

ですが、世の中にはもっと失敗している人はいくらでもいますし、最終的にはなんとかなるので、本当は大丈夫なんですよ。

 

2.一人で抱え込まないようにしよう

レジで失敗してしまったあなたに贈りたい2つ目の言葉は、「一人で抱え込まないようにしよう」です。

 

人間って誰でも失敗はありますが、失敗した時って、「自分はダメだ」とか、「自分にできるわけがない」などと、ネガティブなことしか思い浮かばなくなったりするんですよね。

たとえ小さな失敗でも、それがとても大きく見えてしまうこともあると思います。

そして、自分の中の狭い視野でしか見られなくなってしまうんですよね。

 

そんな時こそ、周りの人に助けを求めてください。

家族でも、信頼できる友達でも、信頼できる職場の人でも構いません。

その人はきっと、あなたが考えているネガティブなこととは全く違う意見を言って楽にしてくれると思いますよ。

 

次からはこうしてみようとか、次はここに注意してみようとか、そんなこと気にしなくて大丈夫とか、疲れてしまったあなたをもう一度前を向かせてくれると思いますよ。

僕も、スーパーのレジのバイト以外のことでも、誰かに相談して助けてもらった経験はたくさんあります。

 

助けを求めるときも、もしかしたら、「私なんかのために助けを求めてしまって、相手に悪いんじゃないか」と思うかもしれませんね。

でも、逆の立場で考えてみて欲しいのですが、誰かがあなたに助けを求めてきたときってどうでしょうか。

相手が元気づいたら、その時って嬉しいですよね。

 

だから、失敗してしまった時なんかは、遠慮せずに助けを求めてみてくださいね。

それが、あなたがレジのバイトを乗り越えることになりますよ。

 

まとめ

人間、失敗は誰でもあることです。

もちろん失敗すれば気分は最悪になりますが、みんな失敗はあるので、本当は大丈夫なんですよ。

 

レジのバイトで失敗してしまう場合、信頼できる人に相談してみると、案外簡単に心が楽になると思うので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

それでは、また。

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。