↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

会社でパワハラが辛いあなたに伝える、3つのやさしい言葉

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「会社でパワハラが辛いあなたに伝える、3つのやさしい言葉」

についてです。

これを読んでいるあなたはおそらく会社員で、可愛そうなことに職場の先輩や上司などからパワハラを受けていると思います。

パワハラは一言で言えば、「いじめ、嫌がらせ」ですよね。

よく、子供の世界の学校でいじめ問題が取り上げられていますが、残念ながら大人の世界でもなくならないのが、パワハラですよね。

しかもこのパワハラが続くと、精神的な病気になるリスクもあり、会社を辞めるまでに追い込まれたり、最悪の場合、自殺してしまう人もいます。

正直ふざけんなって感じのパワハラですが、立場の弱い人から直接「パワハラを止めてほしい」と言っても、聞いてくれません。

そこで残された選択肢は、

・パワハラを我慢しながら会社を続け、部署を異動になるまで待つ

・人事部や労働基準監督署に相談して解決してもらう

・仕事ができる側の人間になって、パワハラ上司を後ろから刺す

この3つになってきますよね。

この中では3つ目の選択肢が達成できれば一番良いです(くれぐれも本当にナイフで刺さないでください)。

たしかに仕事ができる側になれれば立場が強くなりますが、いきなり仕事ができる側の人間になるのは難しいですよね。

そこで、現実的には1番目か2番目の選択肢になります。

この記事では、パワハラを受けてしまって辛いあなたが、辛い社会人生活を乗り越えて行けるよう、励ましのやさしい言葉をお伝えしていきますね。

それでは、始めていきます。

 

パワハラが辛いときの3つのやさしい言葉

では、その3つの言葉。それは、

・あなたは何にも悪くない、遊ばれているだけ

・相手の言う「こうしろ」「こうなれ」は、実は相手自身がそうしたほうがいいことである

・あなたは一人ではない、仲間がいる

順にお話していきますね。

 

1.あなたは何にも悪くない、遊ばれているだけ

まず一つ目の言葉は、「あなたは何にも悪くない、遊ばれているだけ」ということです。

どういうことかというと、あなたにパワハラを仕掛けてくる上司や先輩などは、あなたに嫌がらせをすることによって、「こういうことを言ったらどんな反応をするんだろう?」と、遊んでいるんです。

本当はあなたが悪いっていうことはないんです。ただ、あなたのことが気に入らないという理由だけでパワハラをしているんです。

その証拠に、パワハラの特徴として、世の中では同じ人の前で同じ過ちをしているのに、嫌味をつけられる人とつけられない人がいますよね。

これはもちろん、気に入らない人だけにパワハラをしていて、その人が良いとか悪いとか、仕事ができるできないは関係ないんですよ。

なので、あなたは全然悪くないですし、自分を責める必要は全くないんですよ。

たしかに辛いかもしれませんが、あなたが仕事できないとかではなく、パワハラをしてくる人の性格が悪いだけなんです。

そして、パワハラを受けたあなたが落ち込んだり、嫌そうな顔をするのを見て、

「あ、今日はこんな反応をした。面白いなぁ、明日はこんなことを言ってみよう、どんな反応をするかな」

みたいに考えているんです。

また、パワハラをする人って、実は仕事ができない人間である場合がけっこうあります。

あなたからすると、あまりそう感じないかもしれませんが、実はこれには理由があります。

それは、毎日のように怒鳴られたり嫌がらせを受けることによって、自信をなくしてしまい、相対的に相手の方が上だと思えてしまうからなんです。

そして、パワハラをする側にとっては、自分が仕事が出来ないけど、それを認めたくないわけです。

するとどうするかというと、他人を怒鳴ったり否定したりして、あなたを下に追いやろうとするんですよ。

あなたを下に追いやることで、相対的に自分を上に持ってこようとしているんですね(見苦しい事この上ないですよね)。

あと、「で、どうするんだ?」「お前バカか」などと、怒鳴るときも同じような言葉を何度も繰り返す場合がありますが、同じ言葉でしか批判できないというのは、実は知能が低いとも言えます。

なぜなら、頭が良い人ならいろんな言葉を思いついて、色んな言葉で批判するからですね。

また、本当に仕事ができる人なら人間力も高く、パワハラなんていうことはしないはずです。

なので、あなたにパワハラをする人間は、しょうもない人間なんです。

辛いかもしれませんが、あなたは自分を責める必要は全くないんですよ。

 

2.相手の言う「こうしろ」「こうなれ」は、実は相手がそうしたほうがいいことである

続いての言葉は、「相手の言う「こうしろ」「こうなれ」は、実は相手がそうしたほうがいいことである」ということですね。

どういうことかというと、パワハラであなたに対して言ってくる悪口などは、実はその人が直した方がいいことなんですよね。

例えば、

上司が「時間の管理ができていない」と言ってくれば、実は上司自身が時間の管理ができていない。

上司が「やるべきことを先読みしてやれていない」と言ってくれば、上司がやるべきことを先読みできていない。

上司が小さなことでミスを指摘してくれば、上司が小さなミスを繰り返している。

というようなことが実際に起こっています。

なぜこんなことが起こるのかというと、人は自分のできていないところ、欠点が気になるから、相手にそれを求めようとするんです。

だから、自分の欠点を棚に上げて、あなたにだけ責めてくるんですよね。

たしかに、相手の言っていることは正しい場合もあるのですが、「その相手自身も実はできていない」ということを覚えておいてくださいね。

パワハラは辛いものですが、あなたが全て悪いということは、絶対にないんですよ。

 

3.あなたは一人ではない、仲間がいる

最後の言葉は、「あなたは一人ではない、仲間がいる」ということです。

たしかに今は、パワハラが辛くて大変かもしれません。

でも、そんなあなたにも味方がいますよ。

家族、学生時代からの親友、職場の同僚、そして、全国のパワハラで苦しんでいる人たちです。

家族や親友は、あなたが理不尽な扱いを受けていることは分かっていますし、あなたが悪いわけではないことをよく分かっています。

職場の同僚の人も、あなたが悪いわけではないと分かってくれていて、「大変そうだなぁ」と理解してくれている人は必ず、一定数います。

そして、パワハラで苦しんでいる人は、あなただけではありません。全国にいます。そしてこの人たちは、もしあなたの話を聞けば、あなたの痛みをよく分かってくれるはずですよ。

あなたは一人ではないんです、仲間がいるんですよ。

今はパワハラが辛いですが、勇気を出してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また。

 

<関連記事>

人間なんて冷たい・・・そう思ったあなたを癒す3つの温かい言葉

仕事で泣くほど苦しい時に読んでほしい3つのやさしい言葉

毎日が苦しくて疲れ果てたあなたに伝える3つのやさしい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。