↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

人間なんて冷たい・・・そう思ったあなたを癒す3つの温かい言葉

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「人間なんて冷たい・・・そう思ったあなたを癒す3つの温かい言葉」

についてですね。

 

これを読んでいるあなたはおそらく、周りの人から冷たい対応をされ続けて、場合によっては人間なんてろくなもんじゃないって思っているかもしれませんね。

世の中の人間は冷たい。僕もそう感じます。

ほとんどの人は人の不幸を笑う傾向にあり、ネット上の書き込みを見ても本当にそう思いますし、僕自身もいざ困ったときには、冷たい視線を投げかけられたことが多かったです。

世の中では例えば、

・仕事ができない?じゃあ仕事辞めれば?

・恋人ができない?お前に魅力がないからでしょ?

・給料が少ない?お前が無能だからでしょ?

・労働時間が長い?その会社を選んだのはあなたでしょ?

・友達ができない?コミュ障なのがいけないんでしょ?

・怒られてやんの。いい気味だ。

というように、苦しい状況にあるとき、寄り添うどころか批判してくる人が多いですよね。

「弱者は死ね!」っていう文化で、くだらない世界だなって思ったことも正直何度もありました。

でも今は、「人間は冷たい」という世界を受け入れて、前向きに生きることができているんです。

それは何故かというと、残酷なこの世界でも前向きに生きる覚悟を決めたことと、一部の温かい心を持った人に焦点を合わせたからなんです。

ここでは、周りの人間が冷たくて苦しんでいる人向けに、3つの温かい言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

人間が冷たいと感じるときのための3つの温かい言葉

それでは、3つの言葉をお話していきますね。

それは、

・冷たい人間の言うことなんか聞く必要はない。どうせ相手は低ランク人間だ

・温かい人からかけられたい言葉を、自分にかけてみよう

・冷たい人間には価値がないから、温かい価値のある人を数人見つけよう

順にお話していきますね。

 

1.冷たい人間の言うことなんか聞く必要はない。どうせ相手は低ランク人間だ

まず一つ目の言葉は、「冷たい人間の言うことなんか聞く必要はない。どうせ相手は低ランク人間だ」ということですね。

まず「低ランクな人間」とはどういうことかというと、人間力が低く、人間としての魅力がないということです。

言い換えれば、人として終わっているということでもあります。

少しスピリチュアルな話になりますが、それぞれの宗教によって多少の違いはあれど、どの宗派でも人間は修行するためにこの世で生活していると言われています。

(念のために言っておきますが、僕はどの宗教も信仰しておらず、宗教が良いとも悪いとも思っていません)

つまり、魂のランクアップのために生きていて、良い修行をしている人、つまり魅力的な人や温かい人は良しとされ、ランクが高い人間になります。

逆に、修行ができていない人、つまり魅力のない人や冷たい人は悪いとされ、ランクが低い人間になります。

そしてランクの低い人間は来世は降格されて人間に生まれて来れない、つまり例えばアリになったりミミズになったりするとも言われています。

ここで何を言いたいかというと、あなたに対して冷たくしてくる人は所詮ランクの低い人間なのだから、そんな奴の言うことなどまともに聞く必要はないということですね。

「言われたことを気にするな」といっても気になってしまうと思いますが、本当はそんな奴の言うことなど、まともに聞く必要はないんですよ。

何故なら、相手はランクの低い人間だからです。

例えていうなら、あなたが数学のテストで50点だったとして、0点だった人がバカにしてきたらどう思いますかね。

「お前50点かよ、どうしようもねーな」と、0点だった人がバカにしてきたらどうでしょうか。

おそらく、「身の程知らず」と思いますよね。

実は、あなたに対して冷たくしてくるというのは、この数学のテストみたいなことが起こっているんです。

なので、辛いこともたくさんあると思いますが、本当はそんな奴の言うことなど気にする必要など全くないんですよ。

あなたは素晴らしくて、本当は認められて、周りから温かくされる権利があるので、大丈夫なんですよ。

 

2.温かい人からかけられたい言葉を、自分にかけてみよう

続いての言葉は、「温かい人からかけられたい言葉を、自分にかけてみよう」ということですね。

どういうことかというと、仮に優しくて温かい心を持った人が近くにいるとして、その人があなたに対してかけそうな言葉を自分で自分にかけてみるということです。

例えば、

・恋愛で悩みを抱えているなら、

「今は想いが通じなくて辛いかもしれないけど、もう少しの辛抱だよ、大丈夫、きっと恋人同士になれるよ。」

・仕事で悩みを抱えているなら、

「今日も上手くいかなかったのかぁ、そっかぁ。でも、明日は上手くいくかもしれないよ。一歩ずつでいいんだよ。」

・学校の勉強で悩みを抱えているなら、

「たしかに勉強が結果に現れず大変だよね。でも大丈夫、努力は裏切らないから、ちょっと休んで頑張って行こう。」

といった具合ですね。

あなたのことを理解してくれて、応援してくれる人を作り出して、その人があなたに声をかけるように、自分で自分に声をかけてみてください。

一見バカみたいなことのように思えるかもしれませんが、実は効果が絶大だったりします。

なぜこんなことを提案するかというと、世の中は冷たい人間ばかりだからです。

人のことを褒めたり慰めるよりも、批判することが大好きな人ばかりですよね。

だからこそ、自分で自分を理解して慰めて、応援するんです。

そうすると、案外辛い現世を乗り越えられたりしますよ。

 

3.冷たい人間には価値がないから、温かい価値のある人を数人見つけよう

最後の言葉は、「冷たい人間には価値がないから、温かい価値のある人を数人見つけよう」ということですね。

あなたにお聞きしたいのですが、周りに置くとしたら、冷たい人間と、温かい人どちらがいいですか。

もちろん、温かい人ですよね。

ところが多くの人は、冷たい人間との縁を切れない状態にあります。

飲み会があると言われれば、付き合いだから・・・と、一緒にいたくない人とお酒を飲みに行ってしまいます。

仕事では、冷たい人のご機嫌を取ろうとしてしまいます。

でも、冷たい人間なんて、価値のない人間なんです。

例えるなら、ゴキブリのご機嫌を取ろうとお世話しているようなものなんですよね。

そんなことをしては、時間と労力の無駄遣いです。

だとしたら、こんな奴は適当にあしらって、積極的に温かい人を見つけに行きましょう。

あなたが付き合うべきは、温かい人が何人かいれば十分なんです。

その方が人生楽しく過ごせますし、心も豊かになります。

冷たい人間なんか、あなたの人生から除外してしまいましょう。

そうすれば、どんどん人生が良くなっていきますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログを通して、あなたの元気が出てくれば幸いです。

それでは、また。

 

<関連記事>

職場で人間不信になってしまったあなたを癒す3つの言葉

未来がない・・・生きててもしょうがないと思う時の3つのやさしい言葉

世の中の意地の悪い人に悩まされるあなたを癒す3つの言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。