↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

就活でノイローゼになってしまったとき、前を向くための3つの言葉

就活でノイローゼになってしまったとき、前を向くための3つの言葉

んにちは、Eternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のお話は、

「就活をしていてノイローゼになってしまったとき、前を向くための3つの言葉」

についてです。

僕自身も学生時代、もちろん就活をした経験があります。

しかし就活をしていると、不採用の通知を受け取った時、自分全てを否定された気分になってしまうんですよね。

そして就活をしていると、当然何十社と受けるわけですが、ほとんどのところは落とされてしまうものです。

何度も不採用通知というパンチを喰らうと、だんだんと精神的に辛くなってしまいますよね。

これは仕方のないことかもしれませんが、やっぱり辛いものは辛いですし、ノイローゼになってもおかしくありません。

ここでは、就活でノイローゼになってしまった人が1回休んでまた頑張れるよう、3つの前向きな言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

就活でノイローゼになってしまった人が前を向くための3つの言葉

では、ここで僕から、3つの言葉をお話させていただきますね。

それは、

・落とされたとしても、決してあなたのすべてを否定されたわけではない

・企業は自分の会社に合った人だけを採用している

・あなたを求めている会社は絶対にある

順に見ていきますね。

 

1.落とされたとしても、決してあなたのすべてを否定されたわけではない

まず一つ目は、就活で落とされてしまったとしても、あなたのすべてを否定されたわけではないということですね。

企業側は、書類を見て、面接をして、あなたのことを総合的に判断して、合否を決めるわけです。

その中で、「この人はちょっとうちの会社に合わないな」と思えば、採用を見送るわけです。

しかしこれは、あくまでその会社で働くことに関して、あなたのことを不合格にしたんです。

決して、どこかの会社で働くことを否定しているわけでも、あなたの人格を否定しているわけでもないんですよ。

考えてみれば当たり前ですが、会社がやっている面接というのは、「その人を自分の会社で働いてもらうか決める試験」であって、採用試験を受けに来た人の人格を否定するためのものではないですよね。

不採用通知を何社からも受け取ってしまうと、「自分のすべてを否定されてしまった」と考えてしまいがちです。

でも、これにはそう考えてしまうわけがあるんです。

人は潜在意識の中では、言われたことをまともに受け取ってしまう性質があります。

表面上は気にしていなくても、潜在意識の部分では確実に気にしてしまうんです。

さらに、潜在意識は、知らないうちに、言われたことを何にでも応用してしまいます。

なので、就活の中で「NO」と言われ続けると、あなたの中では、「自分の生き方もNO」、「自分の性格もNO」、「自分の人格もNO」と考えてしまうんです。

これがやっかいなところなんですよ。

でも実際には、その会社の志向に合わなかっただけで、あなたの人格を否定しているわけではないんですよ。

あなたには素晴らしいところがたくさんあります。

そしてその素晴らしいところが伝わらなかったか、その部分が会社の求めているものとマッチングしなかっただけなんです。

だから、今は就活でノイローゼになってしまって大変かもしれませんが、自信を持っていいんですよ。

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか  

 

2.企業は自分の会社に合った人だけを採用している

続いてお伝えしたいのは、「企業は自分の会社に合った人だけを採用している」ということですね。

言ってみれば企業は、恋人を探しているようなものなんです。

あなたも自分のことに置き換えて欲しいのですが、恋人を探すときって、自分に合った人を探そうと思いますよね。

おとなしい感じの人は、ギャルみたいな人でなく、同じようにおとなしい人のほうがマッチングしやすいですよね。

逆にワイルドな人は、ギャルみたいな人の方が合いやすいはずです。

このように、「自分に合った人を恋人にする」ということを、企業では、「自分の企業に合った人を採用する」ということとして、やっているんですよ。

企業は事業内容だけでなく、雰囲気も、その企業によって違いますよね。

なので企業としては、自分の会社の雰囲気に合った人を採用したがります。

先ほどの恋人探しの例のように、おとなしい人が集まった企業は、あまりギャルみたいな人を取りたがらないんです。

なぜなら、企業としても、採用された側としても、お互いやりづらいからですね。

なので、あなたが就活の中で不採用通知を喰らったとしても、それはその会社に合わなかっただけなんです。

決してあなた自身が否定されたわけでも、今後会社に就職できないわけでもないんです。

ノイローゼになってしまうと大変ですが、就職は縁の要素もありますので、あなたは必ず、縁のある会社に決まりますよ。

 

3.あなたのことを求めている会社は絶対にある

最後の言葉は、「あなたのことを求めている会社は絶対にある」ということです。

先ほどもお話した通り、企業は恋人探しをしているんです。

そして、企業は自分の会社に合いそうな人を積極的に採用して、違うと感じれば不採用通知を出しているんです。

ここで、例えばデザインが得意な人が、メーカーの研究職に応募しても、まず受かりませんよね。

でも、デザイン会社だったら、企業の人は採用するかどうか真剣に考えてくれるわけです。

デザインが得意な人とデザイン会社は、相性がいいわけです。

これは職種で考えていますが、実はその人の性格、価値観、行動基準レベルでも、会社との相性があるんです。

企業は、会社との相性が良い人を採りたがります。

世の中に企業は五万とあり、それぞれ、求めている人材は全く違います。

なので、あなたの性格や価値観、行動基準、得意なことなどを総合的に判断して、採用したいと考える企業は、絶対にあるんですよ。

たしかに就活は辛いことがあったり、不採用を喰らって挫折してしまうこともありますが、どこかのタイミングで、必ず採用されます。

今は就活でノイローゼになってしまって、大変な時期です。

でもだからこそ、一回立ち止まって冷静になってください。

もっと自信をもっていいんです。

もっと輝いていいんです。

今日も応援していますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

<関連記事>

今日の面接がボロボロだった時、立ち上がるための3つの前向きな言葉

毎日が苦しくて疲れ果てたあなたに伝える3つのやさしい言葉

仕事に行けなくなったあなたに伝えたい、3つの優しい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

↑ブログ主の音楽の世界に触れてみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。