今日の面接がボロボロだった時、立ち上がるための3つの前向きな言葉

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

今回のお話は、

「今日の面接がボロボロだった時、立ち上がるための3つの前向きな言葉」

についてです。

 

おそらく、就職するときの面接というのは、ほとんどすべての人が人生のどこかのタイミングで経験することですよね。

そして、早く就職を決めたいとか、できるだけ良い待遇の会社に入りたいとかって思うと、面接に焦りが出てきてしまうかもしれません。

上手くいけばいいのですが、特に面接を受け始めの頃は、ボロボロな面接があることも多いものです。

 

そして僕自身、面接は超・超・超苦手でした。

面接官の方を向いて話すのも苦手でしたし、ツッコまれたときにまともに回答ができない。

笑顔はおろか、緊張して歩くときもフラフラ。

予定外の質問が来たらどうしようとか思って、息を詰まらせていました。

「それが本当にお前の答えなのか?」みたいな態度を取られたこともありました。

僕の面接は本当にボロボロでしたね。

 

これを読んでいるあなたは、大学生などで就活中なのか、社会人で求職中なのか、転職活動をしているかは分かりません。

でも面接というものは、とても疲れますし、緊張もしますし、ボロボロだった、と落ち込んでしまう時もあります。

 

そんなとき、あなたが元気を出せるように、3つの前向きな言葉をお話していきますね。

それでは、始めていきます。

 

面接でボロボロだった時、また立ち上がって前を向く3つの言葉

今日の面接でボロボロだった時に、前を向く言葉が3つあります。

それは、

・面接がボロボロでも、意外と受かることがある

・今日の経験は確実に成長につながった

・ボロボロでも、自信をなくす必要はない

 

順に見ていきますね。

 

1.面接がボロボロでも、意外と受かることがある

まず一つ目は、「面接がボロボロでも、意外と受かることがある」ということですね。

 

学校のテストなどとは違い、知ってのとおり会社の面接試験というのは、面接の内容が点数化されることはありません。

では面接の合否は点数ではなく何で決まるかというと、会社の人事の気分ですよね。

 

人事の人が気に入ったり、会社にとって有益な人材だと思われれば採用になりますし、その逆であれば不採用になります。

 

ここで重要なのは、あくまで面接の合否は人事の気分で100%決まることです。

面接が終わった後のあなたの気分は、合否に全く影響しないんです。

 

例えば、面接官にひどいことを言われたり、けなされたり、緊張してしゃべれなかったりして今日の面接はボロボロだと思ったとします。

そして、「もう今日の面接はダメだ、絶対落ちた」と思うとします。

 

でも、この「もう今日の面接はダメだ、落ちた」というのは、あくまであなたの気分ですよね。

さっきの話を思い出して欲しいのですが、面接の合否は、100%面接官の気分で決まるんです。

なので、今日の面接がボロボロだったからといって、必ず不合格ということはないんですよ。

 

そうは言っても、「手ごたえが全くなかったのに受かるわけない」と思うかもしれませんね。

でも現実は、超ボロボロだったのに面接が通ったという事例は、たくさんあるんです。

 

それこそ、

・面接でアウアウになってしまった

・汗びっしょりになってしまった

・顔を上げていられなくなった

・自分でも何言ってるのか分からなくなった

・まともに受け答えできなかった

・鋭いツッコミに対応できなかった

・「そんなんじゃだめだよ」みたいなことを言われた

 

というような状況でも、いざふたを開けると内定だったという事例が、けっこうあります。

・誠実さが伝わってきた

・言葉がアウアウでも、会社に入りたい理由はしっかり伝わった

・極度に緊張していたみたいだが、会社への熱意が伝わってきた

などと、面接官が感じていることがあるんですよ。

なので、採用の合否の通知が来るまでは、何が起こるか分からないんです。

また、面接には合格フラグというものが存在するようです。

実際に何度も面接を経験した人のアンケートです。

Q.「合格フラグ」と思う、面接官の反応は?(複数回答可)
1位・最短入社可能日を聞かれる

28.5%

2位・面接官から職務内容や勤務地など実際の勤務を見据えた説明や質問がある

23.7%

3位・面接官が入社するメリットや自社の魅力をたくさん話してくれる

18.6%

4位・面接官に「向いている」「社風に合っている」というようなことを言われる

16.8%

5位・面接時間が長い

14.3%

6位・面接官がメモをたくさんとっている

10.6%

7位・志望動機を詳しく聞かれるなど、面接官からの質問が多い

10.3%

8位・次の選考フローの説明やアドバイスがある

9.0%

9位・面接官がプライベートな話をしてくる

8.2%

10位・他社の選考状況を聞かれた

6.3%

面接官のその反応、本当に合格フラグ? 「面接時間が短い」「いい雰囲気だった」時の結果は不合格?(マイナビ転職)より

面接がボロボロだったとしても、上に挙げた合格フラグが出ていれば、合格している可能性は高くなります。

特に「いつからうちの会社に来れるか?」とか、勤務内容や勤務地の説明があると、かなり手ごたえがあります。

こういったフラグがあったかどうか、思い出してみてくださいね。

今回の面接がボロボロだったことをふまえて次の会社の面接準備をするのは大事なことですが、最後まであきらめる必要はないんですよ。

意外と大丈夫なことがあります。勇気を出してくださいね。

 

2.今日の経験は確実に成長につながった

続いて、「今日の経験は確実に成長につながった」ということですね。

 

あなたは、今日の面接がボロボロだったと感じているかもしれません。

でも面接というのは、半分は「慣れ」によって攻略できるものなんです。

場数を踏めば踏むほど、次の面接を有利に進めることができますよ。

 

つまり、今回のボロボロだと感じた面接は、確実にあなたを成長させているんですよ。

今日の面接を経験したことによってあなたは、

・面接官の質問に答えやすくなりました

・相手の目を見て話しやすくなりました

・緊張の度合いが少なくなりました

・はきはきと受け答えやすくなりました

・予定外の質問が来ても、答えやすくなりました

・面接に余裕を持ちやすくなりました

 

そして、こういう状況になるとどうなるか。

そう、次の面接で成功しやすくなるんですよ。

そしてまた次の面接が連鎖して、回数を重ねるごとにあなたはどんどん有利になります。

 

今日はボロボロだったかもしれませんが、経験を積んだあなたは最強なんです。

きっと、あなたの就職活動は上手くいきますよ。

 

3.ボロボロでも、自信をなくす必要はない

もう一つの言葉は、「ボロボロでも、自信をなくす必要はない」ということです。

今日の面接がボロボロだったとしても、あなたは劣っているとか、もうダメだとか思う必要はないんですよ。

 

というのも、「面接で上手くいかなかった」ということは誰にでも起こりえますし、受けた会社とあなたの相性もあります。

受けた会社に限らず、会社というのは言ってみれば人の集まりなので、それぞれ、会社ごとに従業員の属性があります。

そして会社は、自分のところの従業員の属性に合った人を採用したいと考えます。

 

例えば同じ業界でも、とある大手企業Aは優秀で真面目な人を取りたいと思っていて、別の大手企業Bは、優秀でも変わってる人を取りたいと思うことがあります。

なので、今日の面接がボロボロだったとしても、あなたが活躍するにふさわしい会社は絶対にあるんです。

 

面接が終わって自信をなくす必要はないんです。

なぜなら、あなたが悪いとか劣っているわけではないからですね。

 

まとめ

今回の面接がボロボロだったとしても、落ち込む必要は全くありません。

むしろ、経験値が増えて、成長しているんですよ。

それに、意外と受かっていることもあります。

 

就職活動は大変ではありますが、就職が決まった時の喜びはすごいものです。

自信を持って、はきはきと今後の面接に挑んでくださいね。

 

今日も応援しています。

読んでいただきありがとうございました!

 

<関連記事>

人生で挫折を経験してしまったあなたがもう一度立ち上がるための言葉

人生があまりにもうまくいかない中、前を向こうと決めた経験談

仕事でもうだめだ・・となった人を元気づける3つの優しい言葉

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。