大学のテストの遅刻は何分まで認められるか。遅刻が認められる場合

大学のテストを遅刻すると

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回のテーマは、

「大学のテストの遅刻は何分まで認められるか。遅刻が認められる場合」

についてです。

おそらくこの記事にたどり着いている時点で、今まさに今日のテストの遅刻が確定している人が多いと思います。

そうでない人も、大学のテストで遅刻はどこまで認められるか気になりますよね。

ここでは、大学のテストは何分まで遅刻が認められるかと、遅刻が認められる場合についてお話しています。

 

大学のテストの遅刻は何分まで認められるか

大学のテストの遅刻した場合、入室が認められるのはその大学によって対応が全然違います。

例えば、僕の通っていた大学では、遅刻が認められるのはテスト開始後30分まででした。

ただし、大学によって15分までだったり、20分までだったりします。

あなたの大学が何分までテストの遅刻を認めているかは、「定期試験に関する注意事項」などといった貼り紙、配布物を確認してください。

その時間までに入室できれば、テストを受けることができます。

 

大学のテストに遅刻した場合のデメリット

遅刻した場合のデメリットは、試験時間が減ってしまうことと、恥ずかしいということです。

当たり前ですが、遅刻しても、試験時間を伸ばしてくれません。

さらに、他の学生から少し冷ややかな目で見られます。

なので、テストの遅刻は絶対にしないようにしましょう。

 

遅刻しても大学のテストが受けられる場合

電車の遅延でテストに遅刻した場合は、遅延証明書をもらってくれば、遅刻を認めてくれます。

ただし、電車の遅延時間が5分なのに、遅刻が認められるタイムリミットより5分以上遅れるなどした場合は、認められません。

もう一つ認められる可能性があるのは、病欠です。

試験当日、お腹が痛いとか、吐き気がするとか体調不良でテストが受けられない場合。

教授によっては、追試験やレポートによって、単位を認定してくれる場合もあります。

ただし、全ての教授がこれを認めているわけではありません。

もし病気でテストに行けない場合、必ず医者に行って、医師の診断書をもらってきましょう。

なお、この制度を使って、仮病を使って寝坊をごまかす人もいますが、ブラックな方法で、完全に自己責任になってしまいます。

 

大学のテストに遅刻しない方法

当日になって遅刻していたらダメですが、遅刻を防ぐ方法はあります。

 

それは、

・複数の目覚ましをかけること

・前日に親にテストの時間を話しておくこと

・テストの日は余裕をもって家を出ること

この3つです。

複数の目覚ましをかける場合ですが、一つのケータイで複数のアラームを設定するのではダメです。

必ず、2つ以上の機械を使って、何度もアラームを設定しておきます。

一つのケータイでアラームをかけると、万が一朝までに電池切れになってしまった場合、終わりだからです。

なので、2つ以上の機械で、いくつもアラームをかければ安心です。

それから、実家から大学に通っている人は、テスト前日に、テストの時間を親に言っておくと、最悪の場合親が起こしてくれます。

実家という環境を活用できるなら、活用したほうが絶対にいいです。

あと、テストの日は余裕を持って家を出ると良いです。

かなり早めに大学に着いてしまったとしても、別に学校でテストの勉強をしていればいいので、早く来ても全く問題はないですよね。

早く大学に来ていれば、電車が遅延したり、何か突発的な問題が起きても、大丈夫です。

このようにしておけば、テストで遅刻するリスクを減らすことができます。

 

まとめ

大学のテストで、遅刻しても大丈夫な時間と、遅刻が認められる場合などをお話してきました。

そもそも遅刻しないのが一番なので、ここに書いた方法を使って、テストには遅刻しないようにしましょう。

また、遅刻が原因で単位を落とした場合は、

「大学の単位を落としたらどうなる?大学の仕組みと今後の対策方法」も見てみてください。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<併せて読みたい>

大学の授業に遅刻したらどうなる?遅刻しても大丈夫な方法は?

大学で勉強しても意味はある?社会に出たら実際どうなのか?

大学の単位を落としたらどうなる?大学の仕組みと今後の対策方法

大学のテスト対策はいつからやる?効率よく単位を取るには

童話の楽曲6曲プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。