サークルに馴染めない時の対策と辞めてからもサークルを超楽しむ方法

サークルに馴染めない時の対応策

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

今回のテーマは、

「サークルに馴染めない時の対策と辞めてからも大学生活を超楽しむ方法」

についてです。

大学でサークルに入ったものの、馴染めないと感じてしまうことはよくあることです。

スポーツや音楽が好きでそのサークルに入ったのに、そのサークルの雰囲気やメンバーに馴染めないというのは、ある意味もったいないことです。

でも、馴染めないといっても、それなりに今のサークルを楽しむ方法はあります。

また、サークルを辞めてもサークルを楽しむ方法もあります。

ここでは、サークルに馴染めない時の解決策を2つと、サークルを辞めてもサークルを楽しむ方法をお話しています。

 

サークルに馴染めない時の解決策

大学でサークルに入ったものの、サークルに馴染めないことはいってみればよくあることです。

実際に、サークルにもよりますが、1 / 3くらいのメンバーは辞めていきます。

でも、自分のやりたいサークルに入っているなら、馴染めないから辞めるのはちょっともったいないです。

なので、その解決方法として、

・サークル内にいつも一緒にいる友達を1人でも作る

・学科の友達を連れ込む

・ノリが合わない時は気の合う仲間と隅に行く

・別のサークルに入る

この4つが有効です。

順に見ていきましょう。

 

サークル内にいつも一緒にいる友達を1人でも作る

まず、サークルに馴染めない場合の対策の一つは、

サークル内にいつも一緒にいる友達を1人でも作ることです。

一つのサークルといっても、みんなでワイワイやるというより、結局はいくつかの仲良しグループに分かれます。

たしかに、サークル内のグループでは、そのグループ以外の人とも普通に話したりしますが、

結局は仲の良い人同士で固まります。

高校までのクラスで、仲良しグループが複数できるのと同じ理論ですね。

いつも一緒にいる仲の良い人が一人でもサークル内にいれば、馴染めないと感じていてもやっていけます。

また、自分から積極的にサークルのメンバーに話しかけることで、仲の良い人を作れる場合もあります。

ただし、サークルのメンバーにはあなたとの相性もあるので、積極的に話しかけてもダメな場合もあります。

基本的に、あなたと相性が合う人としか本当の意味で仲良くなれないです。

これについては、

「友達が少ないのが嫌で、本気で友達をたくさん作りにいって分かった事」も見てみてください。

 

学科の友達を連れ込む

サークル内に仲の良い友達がいればいいですが、メンバーとの相性の問題もあって、一人で馴染めないこともありますよね。

そんな時は、そのサークルに学科の友達を連れ込むのも手です。

あなたの所属している学科の友達で、そのサークルにちょっとでも興味がある人がいれば、サークルに友達を連れ込みます。

そうすると、一人でサークルに馴染めないということはなくなります。

 

また、今入っているサークルがインカレサークルの場合は、高校までの友達や、バイトの友達を連れ込むことができます。

仲の良い人が誰もいないのと一人でもいるのでは、サークルでの生活が全然違いますね。

 

ノリが合わない時は仲間と隅に行く

サークルによって、例えばテニスサークルなどでは飲み会でバカ騒ぎする習慣があります。

しかし、このバカ騒ぎが好きでないと、その雰囲気は苦痛ですし、サークルに馴染めないと感じますよね。

このように、サークルのノリが合わないときは、仲間を探します。

サークルにはいろんな人がいますので、このノリについていけない人もいるものです。

そういう人で固まっていると、サークル活動をしながら、苦手なノリを避けることができます。

 

別のサークルに入る

仲の良い友達をサークル内に作れない場合は、別のサークルに入るのも一つの手です。

あまり本意ではないかもしれませんが、大学でサークルを楽しみたい場合、他のサークルに入るのも有効です。

といっても、残ったサークルから選ぶのもなかなか難しいかもしれませんね。

そこで入りたいようなサークルを探すには、

「大学のサークルは入るべきか。入ったほうがいい人はこんな人」「迷った時のおすすめのサークル」のところも見てみてください。

 

この3つの解決策が使えない場合

サークル内にいつも一緒にいるような仲の良い人が一人もできず、学科の友達を連れ込むこともできない場合もあります。

それでも、大学でサークルを楽しみたい場合。

そんな時は、少人数で、仲の良い人を集めてサークルを作ることをお勧めします。

サークルを作るといっても、4人くらいいればできますし、無理に大規模にする必要もありません。

なので、ハードルが高いように思うかもしれませんが、意外とそこまで大変でもないです。

実際に僕は、大学在学中に音楽サークルを作り、気の合うメンバーばかりで楽しいサークル生活を送りました。

そして社会人になった今でも、2ヵ月に1回飲み会をして、みんなで集まって練習したり、ライブするなど、その仲間たちと楽しんでいます。

 

まとめ

サークルに馴染めないけど、大学でサークルを楽しみたい場合の方法をお話してきました。

サークル内に1人でもいつも一緒にいるような仲の良い友達を作ることが、最大の解決策です。

また、それができなければ少人数でいいので、今のサークルを辞めてサークルを作ることを強くお勧めします。

ちなみにサークルを辞めたい場合は、

「サークルを辞めたいと思ったなら、この辞め方で辞めてしまおう」も見てみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<併せて読みたい>

サークルの先輩があまりにもうざいと思った経験談と対処方法

サークルを辞めたいと思ったなら、この辞め方で辞めてしまおう

大学のサークルは入るべきか。入ったほうがいい人はこんな人

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。