大学の授業を休んでも大丈夫か?実際に休める回数とは

大学の授業を休む場合

んにちは、物語音楽ユニットのEternal Operettaです。

今回のテーマは、

「大学の授業を休んでも大丈夫か?実際に休める回数とは」

についてです。

大学生になると、できることなら授業を休んで単位を取りたいですよね。

しかし気になるのが、授業を休んでもちゃんと単位を取れるかどうか、ということです。

ここでは、実際に授業を休める回数と、休んだ場合の裏技、休んだ後の対応について、お話しています。

 

授業を休める回数

まず、授業を休める回数についてですが、これは本当に授業によります。

例えば、点数の付け方が、出席が50%、期末試験が50%みたいな出席の比率が重い授業だと、

授業が15回だとして、5回休んだらA評価(90点以上の評価)は取れなくなってしまいますし、

テストがかなりきつくなります。

特に語学系の授業は出席が重視される傾向にあります。

また、1回休んだだけで単位が取れなくなる厳しい授業もあります。

一方、出席が0%で、期末試験の比率が100%のような授業だと、

いくら休んでもそれが成績に直接響くことはありません。

僕の大学の時の経験上、出席の比率が30%までの授業なら、3回は休んでも大丈夫です。

(あくまでA評価じゃなくても良い場合)

僕も、3回くらいは授業を休んでいましたが、それでも十分、単位は取れていました。

(この場合、A評価はなかなか取れませんでしたが)

僕は出席点がある授業で5回、6回と休んだことはないですが、

出席の比率が10%などと低い授業なら、たくさん休んでも大丈夫です。

ですが、出席点の比率が30%を超えるなら、休むのは1回か2回までにしておいた方が良いです。

というのも、休むとその分、期末試験で点数を取らなければいけないからですね。

ただし、ここには注意点があって、出席の比率が低くても、授業中の発言点が評価の対象になる授業もあります。

授業中の発言点がそのまま評価の対象になる場合は、3回休むと、

単位は取れないことはないですが60点台のギリギリの評価になってしまいます。

なので、授業中の発言点が考慮されるような授業では、休むのは1~2回までで、

どんなに休んでも3回までにしておきましょう。

なお、出席点や発言点の比率などについては、最初の授業でガイダンスがあるか、

シラバスに書いてありますので、授業ごとにそちらを見てみてください。

 

大学の授業を休む場合の裏技

大学の授業を休む場合、裏技があって、授業を休んだのにうまくやれば出席扱いにできます。

ここでは、

・点呼式

・カードリーダー式

・出席カード式

それぞれについて、裏技の方法があります。

これは休む場合も、授業に遅刻した場合と基本的には同じで、

「大学の授業に遅刻したらどうなる?遅刻しても大丈夫な方法は?」を見てみてください。

大学の授業を休んだ場合の対応

授業を休んだ場合は、友達にお願いすることがあります。

それは、

・宿題の有無や、小テストなど連絡事項の有無

・ノートのコピーを取らせてもらう

・プリントを余分に取っておいてもらう

この3つをやっておく必要があります。

大学では授業中に、重要な連絡事項を言う場合があります。

 

この日に小テストをやるとか言っていたり、宿題を出している場合があります。

それ以外にも、期末試験はこんな問題が出るよとか、この日は休講日だよとかって言っている場合もあります。

これらのことを、友達に聞いておきましょう。

また、必要に応じて休んだ日のノートのコピーを取らせてもらいます。

それと、あらかじめ余分にプリントをもらうよう頼んでおいて、授業で配布されたプリントを受け取ります。

基本的に、授業を休む場合の後対応はこんな感じです。

また、これは特殊なのですが、インフルエンザなど、出席が禁じられているような病気にかかって授業を休んだ場合は、

医師の診断書を後日教授のところに持って行けば、欠席しても出席扱いにしてくれます。

 

休むのに特殊な授業の対応

大学の授業の中には、特殊な授業もあって、休む場合は必ず連絡を入れなければならない授業もあります。

例えば、理系だと実験の授業がこれにあたる場合があります。

おそらく、最初のガイダンスで言われますが、指定された連絡先にメールか電話を入れなければいけません。

そして、休む場合は必ず、その授業が始まる前に入れます。

ちゃんと連絡をしておけば、即不合格になってしまうことはないです。

 

大学の授業を休んだ場合、テストは大丈夫か

そして、大学の授業を休んだ場合は、テストは大丈夫かという疑問があります。

これに関しては、授業によるとしか言えないです。

難しい専門科目の場合、授業はできるだけ休まないほうがいいです。

もちろん自分で教科書や参考書を使って勉強はできるのですが、授業を聞いていたほうが理解はしやすいです。

ただそれでも、自分の勉強次第で単位を取ることは十分可能です。

実際に僕は一度も授業に出ずに、テスト一発勝負でA評価を取ったこともあります。

一方、あまり難易度が高くないし出席も取らないような授業なら、休むという選択肢も大いにあります。

なので、授業によって休む休まないを分けるのが、賢い大学生活の送り方ですね。

(もちろん、授業を全て休まないのがベストですが)

 

まとめ

大学の授業を休む場合、休める回数はその授業によって違い、シラバスを見れば分かります。

授業を休んだ場合は、友達の助けを借りれば大丈夫です。

また、専門科目など難しい授業は、休まないほうが良いです。

それから、単位を落としてしまった場合は、

「大学の単位を落としたらどうなる?大学の仕組みと今後の対策方法」も見てみてください。

さて、これを読んでいるあなたに、マッチ売りの少女などの童話をモチーフにした、かわいくてメルヘンチックな物語音楽を6曲プレゼントしています。

ブログ主が創った、童話の物語がそのまま歌詞になっていて、綺麗な声の女性ボーカルと幻想的なメロディーが特徴の音楽です。

その音楽とプレゼントの受け取り方は、こちらをご覧ください。

というわけで、物語音楽ユニットのEternal Operettaのブログでした!

<併せて読みたい>

大学の授業に遅刻したらどうなる?遅刻しても大丈夫な方法は?

大学の単位を落としたらどうなる?大学の仕組みと今後の対策方法

大学の難しい勉強についていけなかった過去の経験談と実際の克服方法

勉強するのが非常にしんどい状態を解決する唯一の勉強法

大学に行くのがしんどいとき、あなたを助ける3つのやさしい言葉

童話の音楽6曲無料でプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。