\メルマガ登録で受け取れます/
メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

高校で友達がいないという過去の経験談とそこから友達を作った方法

んにちは、YUです。

今回も記事を見ていただきありがとうございます。

 

さて今回のお話は、

「高校で友達がいないという過去の経験談と、そこから友達を作った方法」

についてです。

 

これは僕も実際に経験したことですが、学校のクラスに友達がいないというのは、すごく大変なことですし、悲しいことだと思います。

もしかしたらこれを読んでいるあなたも、高校で友達がいないという現実に直面しているかもしれませんね。

 

僕の場合、高校1年のときに、秋くらいまではクラスに友達という友達がいませんでした。

僕の経験から、なにか少しでもヒントになったり、あなたの傷が良くなればいいなと思って、過去の出来事を公開しますね。

 

それでは、始めていきます。

 

高校1年で友達がいないという出来事

まず、僕の通っていた高校は、今にして思うと、当時の僕のタイプにはあまり合っていない雰囲気の高校でした。

僕はどちらかというとおとなしい感じの性格で、高校の時は今よりもその傾向が強く、仲良くなれたり、話せる人は限られていましたね。

(今は様々な人生経験から、いろんなタイプの人と仲良くさせていただいていますが)

 

それに対して、高校の雰囲気は派手めで、自由な校風でした。

なので、全体的に高校は、クラスの中心になって盛り上がっているようなタイプが多くて、静かめな人は少なめでしたね。

 

そんな中で僕の場合は当時コミュニケーション力やノリがあまり良くなく、表情もそんなに豊かではなかったので、高校1年の時、なかなかクラスに友達ができませんでした。

高校って、スタートしてから2週間くらいで、いつも一緒にいる友達を作ることができないと、後から溶け込むのってけっこう大変なんですよね。

もちろん高校生活がスタートしたときは何人かと話したりしたのですが、上手く友達までいかず、クラスで浮いてしまいました。

 

いじめを受けたり嫌われたりしたってことはないのですが、クラスに友達がいないので、楽しくないし、早くクラス替えになって欲しかったのを覚えています。

お昼ごはんも一人で食べるしかなかったですし、休み時間も特にすることがなかったですし、寂しかったです。

他のクラスメイトは楽しそうにしているのに、自分だけがつまんない。

そして居場所がなく、いつも孤独を感じていましたね。

便所飯をしている人の気持ちがよく分かります。

 

高校で友達がいなくて一番苦労したこと

高校1年のとき、一番大変で、心にもダメージを与えたのが、学校行事と体育の時間でした。

順に見ていきますね。

 

学校行事

入学してから1か月くらいの頃、オリエンテーション旅行という、2泊3日の移動教室で河口湖に行くという行事がありました。

ここではレクリエーションがあって、スポーツ大会をしたり、キャンプファイヤーをしたり、ゲームをしたり、飯ごうすいさんをするなど、いろんな共同作業があったんです。

そしてその班も、自動で割り振られていました。

 

こういうとき、輪に溶け込めないことを経験した人なら分かると思うのですが、友達がいない人にとって、共同作業というのは特にきついことなんです。

その班の中に、自分と相性が合う人がいれば大チャンスなのですが、残念ながらその班のメンバーは、僕と全くタイプが違う人ばかりでした。

共同作業の中でも居場所がなく、その場をうろうろするばかりで、ほとんど何もしない自分に罪悪感も生まれます。

その場に居づらくて心が痛いんですよ。

 

2泊3日が終わりこの行事が終わって帰りの電車の中で、心底ホッとしたのを覚えています。

 

体育の時間

もう一つ、高校1年のときに友達がいなくて苦労したことが、体育の時間でした。

体育の時間っていうと、国語とか数学とかの普通の授業と違い、クラスメイトとチームを組んでやることがあります。

\メルマガ登録で受け取れます/ メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

 

ここでもし、運動が得意で試合の中でも活躍出来ていたら、友達がいなくても違っていたと思いますし、友達を作るきっかけになったかもしれませんよね。

しかし、僕の場合は運動が決して得意ではなかったですし、むしろ試合の中で役立たずになりがちでした。

なので、友達がいないしヘマをしてしまっていたので、体育の時間は非常に居心地が悪かったんですよ。

 

そして試合以外にも、クラスメイトの誰かとタッグを組んで練習する時間も、大変でした。

例えばサッカーの授業ならパスをしあう練習、卓球の授業ならラリーをする練習、といった内容です。

 

こういう時も、クラスにまともに友達がいない僕にとって苦痛でしたし、誰かとペアになっても、ヘマをしてしまって申し訳ない気持ちでした。

こんな僕と組んでくれているのに、ミスをしてしまって申し訳ないな、と。

 

こういう経験があって、高校1年のときは友達がいなくて本当に大変でしたよ。

だからこそ、学校に友達がいない人の痛みがよく分かるようになりました。

 

高校1年の秋に友達を作った方法

では、高校で友達のいない僕がどうやって友達を作ったのか。

実は秋にチャンスが訪れたんです。

それはどんな時かというと、高校の文化祭です。

 

ここまでの2泊3日の旅行や体育の時間の流れで、共同作業は辛い時間でもあるように見えると思います。

で、文化祭でも準備と当日の両方で、共同作業は存在していました。

 

ですが僕が実際に体験して思ったのは、共同作業はピンチでもチャンスでもあるということです。

ただ僕の場合、高校時代は吹奏楽部に所属していたので、部活のほうで手がいっぱいでクラスの文化祭の準備には参加していませんでした。

(高校の部活のほうはそっちはそっちで非常に大変な思いをしました。詳しくは、「高校の部活が本当に辛いと感じた経験談と実際に克服した方法」でお話しています)

 

なので、クラスの出し物には文化祭当日だけ参加していましたね。

そして、文化祭当日のときに友達づくりのチャンスが訪れます。

 

文化祭当日は吹奏楽部の発表もありましたが、それが無い時にはクラスのほうに参加していました。

このとき、それぞれ役割を分担していたのですが、僕と2人で同じ担当をしていたクラスメイトと、話が自然にできたんです。

 

「今のところ売り上げはこれくらいだね」

「売りものの飲み物、オレンジジュースが人気だね」

「この飾り付けけっこう凝っているよね」

とか、特に大した話をしたわけでもないのですが、そこからプライベートな部分の話をしたり、日常の話をしたりして、文化祭のその日だけで仲良くなっていきました。

 

そしてそのあとの流れで、その仲良くなったクラスメイトのグループにも溶け込み、高校1年次の後半は、楽しく過ごすことができましたよ。

 

なので、高校だといろんな形で共同作業があると思いますが、そういう時はチャンスだと思って欲しいんです。

特に2人でタッグを組んだ時は、相手が話しやすいタイプだったら、友達を作る大チャンスです。

なぜなら、共同作業の中で何気ない会話ができますし、2人なので他の人が入ってきにくいからですね。

 

高校がスタートして友達のグループに入りそびれても、学校行事などの共同作業で挽回できることはありますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

まとめ

僕自身、高校1年のときは途中までクラスに友達がいなかったので、友達がいない人の気持ちはよく分かります。

そして、友達がいない中で今も頑張っている人は、とても偉いな、と思っています。

 

学校がスタートして友達作りに出遅れてしまった人も、共同作業はピンチと言いながら、チャンスでもありますので、勇気を出して、少しでも自分と合いそうな人にさりげない話をしてみてくださいね。

 

それでは、また。

童話の楽曲6曲プレゼント


\メルマガ登録で受け取れます/
メルマガに登録して楽曲6曲を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です